トップに戻る

スポット情報 観光スポット 「博物館(市内)」

函館市中央図書館

はこだてしちゅうおうとしょかん


函館の市街地、特別史跡五稜郭の近くにある総合図書館。書籍閲覧以外にインターネット、AVコーナーなどの設備も充実。函館学コーナー、啄木文庫、喫茶コーナーもあり。

函館市中央図書館は、函館公園にあった市立函館図書館からバトンタッチして2005(平成17)年に開館。道南地域では最大の図書館です。館内は吹き抜けで明るく開放的なつくりとなっており、大きなガラス窓からは隣接する五稜郭公園の緑も見ることができます。館内設備は、どんな人にも使いやすいようにユニバーサルデザインが用いられており、段差のないフロア構成や広い書架間など、利用者の利便と快適性の向上が図られています。

館内では書籍の閲覧のみならず、コンピューターやインターネットを活用し、図書館情報システムによる蔵書検索や、デジタル化された貴重な資料の開示も行っています。また、新聞や雑誌をそろえたコーナーや、音楽や映像を楽しむAV・コンピューターコーナー、映画やアニメの上映会などを定期的に行っている視聴覚ホールなどの施設もあります。このほか、館内に喫茶コーナーがあって飲み物や軽食類を提供、ランチタイムには図書館利用者だけでなく地域のかたも訪れ、憩いの場所として賑わっています。

観光などで函館に来たかたに特におすすめなのは、函館や道南の歴史、ゆかりの人物、文化や産業について詳しく知ることができる「函館学コーナー」。「五稜郭」「箱館戦争」といったテーマに合わせて、関連本をわかりやすく紹介し、本のある場所を示したガイド「パスファインダー」も用意されています。また、函館にゆかりの深い石川啄木関連の資料を集めた「啄木文庫」が設けられているのも、特徴のひとつです。石川啄木の死の翌年となる1913(大正2)年、函館啄木会が発足し、「啄木文庫」が設立されました。遺族から直筆資料などが寄託されたほか、館内では書籍の閲覧ができます。1階の総合カウンターで1日カードを作成することにより、図書館利用者カードを持たない観光客のかたでも施設の利用が可能です。

中庭や館外の木々や花の種類も豊富で、春から秋にかけてカタクリやサクラ、ツツジなど、色とりどりの花が咲いているところも見逃せません。五稜郭公園散策や箱館奉行所の見学ついでに、気軽に足を運んでみてはいかがでしょう。

※記者TT 2012/11/19取材、11/26公開 2018/7 更新


函館市中央図書館
エリア 五稜郭エリア エリア区分について
所在地 函館市五稜郭町26-1  Googleマップで開く
電話番号 0138-35-5500
開館時間 9:30~20:00
休館日 水曜日(祝日なら開館し翌日が休館)、毎月最終金曜日、年末年始(12月29日~1月3日)、特別整理期間
アクセス 「中央図書館前」バス停 下車 徒歩1分
駐車場 あり(150台。施設利用者は2時間まで無料)
関連リンク 函館市中央図書館
無料で入れる施設、自然が豊か、歴史好きに、お子様歓迎、雨や雪でも楽しめる、無料駐車場、車イス対応トイレ、オムツ替えスペース

掲載内容は取材時・更新時のものです。最新情報のご確認は各施設までお願いします。


国際ホテル
ホテルショコラ
竹葉
フォーポイントバイシェラトン
函館山ロープウェイ
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
金森赤レンガ倉庫
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
グルメ回転ずし 函太郎
男爵倶楽部ホテル&リゾーツ
函館タクシー
函館レンタカーの特集ページ「たびらい北海道」
近畿日本ツーリスト
函館タナベ食品
はこだて亭