トップに戻る

スポット情報 観光スポット 「史跡・碑(市内)」

咬菜園跡

こうさいえんあと


西部地区・弥生坂上にある。箱館戦争時、旧幕府軍総裁の榎本武揚は、幹部6人と共に、今宵最後と一夜の清遊をここで試みたといわれている。現在は私有地となっている。

市電「大町」電停を降りると、函館山に向けてスーッとまっすぐに伸びる弥生坂があります。この急坂を上っていくこと10分ほどのところに、「咬菜園跡」という案内板があります。1857(安政4)年、名主で慈善家として知られていた堺屋新三郎が、箱館奉行から1140余坪(約3770平方メートル)の土地の払い下げを受けてここに庵を作り、各地の名花、名木を移植。四季折々の美しい花が咲き乱れ、当時の住民から箱館随一の名園として親しまれていました。咬菜とは粗食のことで、五稜郭設計監督の蘭学者・武田斐三郎(あやさぶろう)が名づけ親です。

箱館戦争時の1869(明治2)年、明治新政府から榎本軍(旧幕府軍)の追討令が下り、新政府軍艦が品川を出港したとの報に接した軍総裁・榎本武揚は、3月14日に大鳥圭介、中島三郎助、高松凌雲など幹部と共に、今宵最後と咬菜園で清遊を試みました。箱館奉行並中島三郎助は、俳人としても知られて数多くの秀作を残していますが、「ほととぎす われも血を吐く思い哉」「われもまた 死士と呼ばれん白牡丹」の辞世の句などは、このとき残したものといわれています。

坂上からまっすぐ坂下を見おろすと、ペリー提督上陸地であった沖之口番所跡地(現函館市臨海研究所)が見えます。また、港が一望できて、遠くには五稜郭跡も見渡せます。榎本らは戦いが始まる前に、市街地を一望できて五稜郭も眺められる函館山麓のこの場所を選び、来たるべき戦いに向けて酒を酌み交わし、国の将来のことなどを思い明かしていたかもしれません。

現在、咬菜園跡は私有地となっているので、見学の際はマナーを守り、敷地内への立ち入りなどはご遠慮ください。


※記者TT 2013/4/25取材、5/13公開 2018/11 更新


咬菜園跡
エリア 元町・函館山エリア エリア区分について
所在地 函館市船見町3-8  Googleマップで開く
問合せ先 函館市元町観光案内所
電話番号 0138-27-3333  ※カーナビ検索には使えません
開園時間 私有地のため、敷地内に立入不可
アクセス 市電 「大町」電停 下車 徒歩10分
歴史好きに、英語看板

掲載内容は取材時・更新時のものです。最新情報のご確認は各施設までお願いします。


国際ホテル
ホテルショコラ
竹葉
フォーポイントバイシェラトン
函館山ロープウェイ
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
金森赤レンガ倉庫
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
グルメ回転ずし 函太郎
男爵倶楽部ホテル&リゾーツ
函館タクシー
函館レンタカーの特集ページ「たびらい北海道」
近畿日本ツーリスト
函館タナベ食品
はこだて亭