トップに戻る

スポット情報 観光スポット 「史跡・碑(市内)」

中島三郎助父子最後之地

なかじまさぶろうすけふしさいごのち


箱館戦争時、五稜郭の前線基地であった「千代ヶ岡陣屋」で戦死した中島三郎助とその息子らを慰霊した石碑。毎年5月の箱館五稜郭祭では碑前祭が行われる。

特別史跡五稜郭跡から函館山方向へ約1.2km行くと、中島町にたどり着きます。ここは、箱館戦争で五稜郭の前線基地であった「千代ヶ岡陣屋」(現在の中島小学校付近から千代台運動公園にかけた一帯)の隊長・中島三郎助と息子2人が、壮絶な最期を遂げた場所といわれています。

中島三郎助は神奈川県浦賀生まれ、浦賀奉行配下の役人であり、1853(嘉永6)年、三浦半島浦賀沖に突如現れた黒船に最初に乗り込み、ペリー提督らと直接応接して、日本外交史で重要な役割を果たします。1855(安政2)年に幕府が創設した長崎海軍伝習所の第一期生となり、3年後には軍艦操練所教授方に就任。明治維新後、榎本武揚と行動を共にし、軍艦8隻を率いて北海道にやってきました。箱館戦争当時、中島三郎助は箱館奉行並として千代ヶ岡陣屋の守備につきました。新政府軍は箱館を制圧すると、降伏勧告をしましたが、中島はそれを拒絶して戦闘を続け、5月16日に長男恒太郎や次男英次郎と共に戦死。「ほととぎす われも血を吐く 思い哉」という辞世の句を残しています。

現在、中島三郎助父子にちなんで、千代ヶ岡陣屋のあったゆかりの地が中島町と名づけられ、この地に慰霊碑が建っています。また、地碑周辺にはクロフネツツジやミツバツツジをはじめ、季節の花々が植えられ、地域の方々によって常に整備され、訪れる人の心を和ませてくれます。

毎年5月中旬に行われる箱館五稜郭祭の初日には、中島三郎助父子最後之地を基点に、箱館戦争で命を落とした志士達の霊を弔う碑前祭が行われます。

関連記事
 第41回 箱館五稜郭祭 1日目 碑前祭
 函館まちあるきマップNo.16「幕末の志士達が駆け抜けた箱館」
 箱館五稜郭祭


※記者TT 2013/5/2取材、5/14公開 2018/11 更新


中島三郎助父子最後之地
エリア 五稜郭エリア エリア区分について
所在地 函館市中島町36-12  Googleマップで開く
問合せ先 函館市元町観光案内所
電話番号 0138-27-3333  ※カーナビ検索には使えません
アクセス 市電 「千代台」電停 下車 徒歩9分
駐車場 なし
歴史好きに、英語看板

掲載内容は取材時・更新時のものです。最新情報のご確認は各施設までお願いします。


国際ホテル
ホテルショコラ
竹葉
フォーポイントバイシェラトン
函館山ロープウェイ
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
金森赤レンガ倉庫
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
グルメ回転ずし 函太郎
男爵倶楽部ホテル&リゾーツ
函館タクシー
函館レンタカーの特集ページ「たびらい北海道」
近畿日本ツーリスト
函館タナベ食品
はこだて亭