スポット情報 観光スポット 「博物館(市内)」

函館市国際水産・海洋総合研究センター

はこだてしこくさいすいさん・かいようそうごうけんきゅうせんたー


2014年6月にオープンしたマリンサイエンスの研究施設。一般開放もされ、大型実験水槽や、函館港をぐるりと見渡せる展望ロビー、海の生物に触れられるタッチプールがある。

函館は観光の街であるとともに、三方を海に囲まれて暖流と寒流が交わる地理的好条件から、海と深い関わりをもつ街。2003年に策定された函館国際水産・海洋都市構想のシンボルとして2014年6月にオープンしたのが、この函館市国際水産・海洋総合研究センターです。
 
パルテノン神殿を思わせる力強い柱が特徴の正面から入館して、右手奥にあるのが大型実験水槽。見ためはあたかも水族館のようですが、実は海水温の調節機能や水流発生装置を備えた実験水槽。今後はイカ摂餌行動や生殖行動の観察、産卵実験などが行われる予定で、その実験の様子を垣間みることができるかもしれません。なお、時期や実験の内容によって水槽内の生物の種類は変わります(要問い合わせ)。
 
水槽を見学した後は、函館港を一望できる4階の展望ロビーに。右手後方に函館駅周辺を、正面にキリリとした駒ヶ岳の先鋒を、さらに左手にトラピスト修道院が麓にある丸山を、左手後方に知内の山々と、ぐるりと180度以上見渡せる貴重な眺望スポットです。敷地内の岸壁からも、海越しに絶景が楽しめます。
 
玄関を出ると正面に見えるのは、海の生物に直接触れることができて子どもたちに大人気のタッチプール。岩や小石が配置された水深10~15cm程度の浅いプールに、ヒトデやヤドカリなどがいます(開放時期は夏期間のみ)。
 
場所は、函館どつくの敷地の奥にあります。車の場合、市電「函館どつく前」電停付近に設置されている案内標識に従ってどうぞ。電停から歩くと15分くらい。また月曜と金曜のみ、バスが運行されています(バス停は、函館どつく前電停の100メートル先)。詳しくはホームページのアクセス情報をご覧ください。

※記者I  2014/8/15取材、8/18公開 2017/7 更新


函館市国際水産・海洋総合研究センター
エリア ベイエリア
所在地 函館市弁天町20-5
電話番号 0138-21-4600
開館時間 9:00~17:00
休館日 土日祝、12月29日~1月3日
料金 無料
アクセス 市電 「函館どつく前」電停 下車 徒歩15分
駐車場 有(110台)
関連リンク 函館市国際水産・海洋総合研究センター
関連リンク 一般財団法人函館国際水産・海洋都市推進機構
GoogleMapで大きなマップを開く
無料で入れる施設、眺望がいい、幼児向け、雨や雪でも楽しめる、無料駐車場、車イス対応トイレ、オムツ替えスペース、Wi‐Fi(その他)、英語看板


このページのトップへこのページのトップへ

函館タナベ食品
グルメ回転ずし 函太郎
万惣
フォーポイントバイシェラトン
男爵倶楽部ホテル&リゾーツ
竹葉
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
函館レンタカーの特集ページ「たびらい北海道」
近畿日本ツーリスト
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
函館山ロープウェイ
株式会社前側建設
金森赤レンガ倉庫
広告募集中