トップに戻る

スポット情報 観光スポット 「神社・寺」

新型コロナウイルスの影響で休業・営業内容変更の場合があります

湯川寺

とうせんじ


市電・湯の川電停近くにある浄土宗の寺。函館山に設置されていた三十三観音が境内に遷座されている。1914年に函館山の要塞化に伴って湯川地区に移されてから100年超。

「湯川寺(とうせんじ)」は、湯の川エリアの、市電・湯の川電停からトラピスチヌ修道院方面に向かう幹線道路沿いにある浄土宗のお寺です。1892(明治25)年、函館山のふもとにある称名寺の住職が、地域住民の要望に応え、「下湯川称名寺説教場」を設置したことから始まり、1919(大正8)年に独立。現在の名称になりました。

境内には、三十三観音像が安置されているのにご注目を。こちらの観音像は、かつて函館山にあったもので、函館山が軍の要塞となって、山の裾野に一時下ろされていたものを、1914(大正3)年に当時の湯川村に迎え、村内に遷座配置。湯川三十三観音として巡拝されてきました。その後、都市計画等による道路拡幅・変更により管理する人がいなくなったことに伴って、1975(昭和50)年、湯川寺境内に集められました。2004(平成16)年には、区画整備事業で三十三観音を移動させるのを機に、現住職が信者とともに3年がかりで西国三十三観音礼所を巡拝し、霊場の土を採取して、庭園型「西国移土三十三観音」としました。函館市民の思いと歴史がつまった観音さまを、自由に参拝することができます。

また、「会いにいけるお寺」をコンセプトにして地域に広く開かれたお寺の中には、誰でも利用できる多目的ルームの「tousenji cafe 結-Yui-」があるのも嬉しいところ。休憩場所として活用できて、セルフサービスのコーヒーを飲みながら次の行き先を確認したりするのもいいでしょう。

周辺は交通量が多い地域ですが、境内では歴史の流れを感じるとともに、穏やかな気持ちになれそうです。湯の川温泉街に立ち寄りの際には、ぜひ訪れてみてください。


※記者TT 2014/11/25取材、12/10公開 2020/9 更新


新型コロナウイルスの影響で休業・営業内容変更の場合があります
湯川寺
エリア 湯の川エリア エリア区分について
所在地 函館市湯川町3丁目35-10  Googleマップで開く
電話番号 0138-57-6449
アクセス 市電 「湯の川」電停 下車 徒歩3分
駐車場 無料駐車場あり
関連リンク 湯川寺
無料で入れる施設、深夜・早朝でも入れる施設、歴史好きに、お子様歓迎、市電から徒歩5分以内、無料駐車場、車イス対応トイレ、無料Wi-Fi


カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
函館タナベ食品
グルメ回転ずし 函太郎
国際ホテル
函館タクシー
函館山ロープウェイ
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
金森赤レンガ倉庫
竹葉
広告募集中