トップに戻る

スポット情報 観光スポット 「神社・寺」

厳島神社

いつくしまじんじゃ


市電・函館どつく前電停下車すぐ。古くから海の守護神として、海上の安全を祈願する漁業者や商人から信頼を得ている。函館山七福神の神社で「弁財天・恵比寿堂」がある。

厳島神社は、市電・函館どつく前電停そばにある神社です。創建は江戸時代前期といわれ、以前は弁天社と称されていました。弁天社は1871(明治4)年に市杵島(いちきしま)神社と改められ、のちに厳島神社と改称されました。

何度か場所を変え、一時は海中に島をつくって祀った時代もありましたが、幕末に現在地に移ってきました。現在の建物は1907(明治40)年の大火後、大正時代に建てられたものです。現在、目の前には道路があり、路面電車や多くの車が走っていますが、古地図を見ると、神社の前は海だったようです。海上の安全を祈願する船乗りたちのため、陸に背を向け海に向いて建っていたことがわかります。

境内には、寄進された貴重な遺物が多く、1823(文政6)年寄進の手水石鉢をはじめ、1837(天保8)年に加賀の廻船主たちが寄進した鳥居や、1854(嘉永7)年、海上安全のため奉納された方位石などがあります。古くから海の守護神として、地元漁業者のみならず、松前をはじめ、遠くは北陸、大阪などの商人の尊信を得ていたことが、これらの遺物からうかがえます。

厳島神社の祭神は「市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)」。また、函館山七福神の神社として「弁財天・恵比寿堂」が境内にあります。弁財天は、七福神のなかで唯一の女性神であり、芸能の才や福徳財産、航海安全、知恵を授ける神、恵比寿天は、事業繁栄、豊漁、縁結び、厄除開運、金運を授ける神といわれています。 


※記者TT 2014/11/26取材、12/10公開 2019/8 更新


厳島神社
エリア ベイエリア エリア区分について
所在地 函館市弁天町9-9  Googleマップで開く
電話番号 0138-23-0713
アクセス 市電 「函館どつく前」電停 下車 徒歩1分
明治・大正の建物、無料で入れる施設、深夜・早朝でも入れる施設、歴史好きに、市電から徒歩5分以内、英語看板

掲載内容は取材時・更新時のものです。最新情報のご確認は各施設までお願いします。


函館山ロープウェイ
金森赤レンガ倉庫
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
函館タナベ食品
ホテルショコラ
フォーポイントバイシェラトン
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
JTB
グルメ回転ずし 函太郎
竹葉
国際ホテル
はこだて亭
近畿日本ツーリスト
函館レンタカーの特集ページ「たびらい北海道」
函館タクシー
男爵倶楽部ホテル&リゾーツ
広告募集中