トップに戻る
あなたのテーマでディープな函館 「GLAY」

GLAYファンの聖地、函館のG4 Spaceレポート

191213G16.jpg

国内ばかりか海外にも熱狂的なファンを持つバンドGLAYは、1988年に函館で結成されました。「G4 Space」は、函館に「ファンが気軽に立ち寄れる場所をつくりたい」というメンバーの思いが形になった、GLAY唯一のオフィシャルショップ。ゆかりのアイテムの展示もたっぷりあり、函館旅行の際にはぜひ訪れたい、GLAYファン必見の聖地です。ワクワクドキドキ、感動の空間をたっぷりレポートします。


◆G4 Space誕生のきっかけ~函館を訪れるファンを喜ばせたい

20130508N13.jpg

G4 Spaceは、メンズブランドのセレクトショップ「SODAPOP」内にあります。オーナーの齋藤さん(写真)とGLAYのメンバーとの出会いは、2000年。函館から東京の仕事先を訪ねたとき、偶然GLAYのベーシストJIROさんと出会い、函館出身で同じ高校の先輩後輩であるとわかり、意気投合し、おつきあいがはじまりました。

191205M02.JPG

「ファンが気軽に立ち寄れる、オフィシャルな場所を函館につくりたい」と願っていたメンバーに、齋藤さんが自身のお店の一角を提供することを提案し、2011年7月、「G4 Space」が誕生。充実した展示が、訪れるファンを喜ばせています。

191205M08.JPG

ボーカルのTERUさんが生んだキャラクター・ズラーが郵便ポストに。記念写真を撮れるのはもちろん、なんと嬉しいことに、投函した手紙は宛名に書かれたメンバーへ届けられます!


◆メンバーもお気に入りのファッションがそろうセレクトショップSODAPOP

191213G15.jpg

G4 SpaceのあるSODAPOPの店内は黒で統一され、カジュアルからラグジュアリーな品まで、ジャケット、シャツ、デニム、ブーツ、帽子等が並びます。GLAYのイメージと重なるようなアイテムも数多く扱い、実際、メンバーが函館を訪れた際、購入することもあるのだそう。

191213G14.jpg

メンズライクな装いを好む女性にもぴったりなアイテムがずらり。オリジナルブランドのTシャツには女性向けのサイズもあるので、GLAYのライブにあわせて購入するのもおすすめです。


◆メンバーの楽器や衣裳の展示、オリジナルアイテムの販売をするG4 Space

191213G11.jpg

SODAPOPの店内の左奥が、GLAYファンのための「G4 Space」。ファンなら思わず声をあげてしまうような、感動の空間が広がっています。メンバーそれぞれの楽器や衣裳、ゆかりの品々を間近で見られ、モニターではライブ映像も楽しめます。「現地での感動を大切にしてもらうために、展示物の写真撮影はご遠慮いただいています。質問があれば、気軽に声をかけてください」と齋藤さん。

20130508N03.jpg

これまでさまざまな企業とコラボした際のノベルティグッズや、過去のツアーグッズ、結成当時の貴重な品々などがぎっしり。「現在・過去・未来のGLAY」を感じさせてくれるスペースとなっています。

191205M04.JPG

SODAPOPレジ前では、GLAYオリジナルアイテムを販売しています。ステッカー、キャップ、キーホルダー、Tシャツ、フェイスタオル、クッション等、約20種類。

191205M05.JPG

なかでもG4 Space限定アイテムは大人気。一番人気は、TERUさんデザイン「スートライプーくまクッション」。可愛いのにロックな感じが憎いですね。

191205M06.JPG

毎年デザインが変わる函館愚麗フェイスタオルも、G4 Space限定品。何度訪れても新しい発見ができて楽しい! 販売のアイテムは不定期に変わります。最新情報はHPでご確認を。



191213G13.jpg

「G4 Space」 函館市松風町6-18 0138-22-8277
函館駅前から徒歩圏内。店のロゴ前で記念撮影をどうぞ。

191213G12.jpg

「ファンの皆さん、ぜひ函館にいらしてG4 Spaceに足を運んでみてください。皆さんが何度でも訪れたくなるよう、おもてなしをしたい」と齋藤さん。その言葉は、ファンを愛し、愛する函館への思いを歌う、メンバーの気持ちと重なっていることでしょう。


※取材・撮影/編集室N 追加撮影/編集室M 追加取材/編集室AN
協力/loversoul 
2013/5/8取材、2019/12/13更新


関連記事