トップに戻る
あなたのテーマでディープな函館 「土方歳三・幕末」

箱館戦争の遺構、史跡「四稜郭」案内

151117X01.JPG

函館で五稜郭はおなじみですが、「四稜郭(しりょうかく)」もあったことをご存知でしょうか。箱館戦争の歴史を伝える史跡四稜郭は、五稜郭の後方を防御するための陣地として、北に3キロほど離れた丘陵地帯に作られました。観光のメインエリアから遠いところにあるため、タクシーやレンタカーなどで立ち寄るのが一般的ですが、路線バスと徒歩で訪れるアクセス法をご案内しましょう。また、その周辺にある箱館戦争に関する遺構も合わせて紹介します。


◆五稜郭を守る陣地として、箱館戦争中に築造された四稜郭


四稜郭は1869(明治2)年4月下旬、旧幕府軍と新政府軍が戦った箱館戦争の最中に、旧幕府軍の兵士約200名のほか近隣住民約100名が動員されて急造されました。五稜郭と同じく西洋式の城郭で、北斗市の松前藩戸切地陣屋跡と同じ四つ角の星形、小ぶりながら蝶が羽を広げたような形が特徴です。

151117X02.JPG広さは約2,300平方メートル(五稜郭は125,500平方メートル)。四隅に五稜郭と同じく砲座が設けられ、稜堡の周囲には土塁(幅5.4メートル、高さ3メートル)と空壕(幅2.7メートル、深さ0.9メートル)を有するものの、築造当時から建物や井戸はなく、あくまでも旧幕府軍の防御のための陣地であったことが伺えます。

151117X03.JPG
築造から間もない5月11日、約4000名の新政府軍が四稜郭へと迫り来る中、旧幕府軍も四稜郭から大砲で応戦(写真は砲座)。四稜郭と五稜郭の間に位置する権現台場(現在の神山稲荷神社)を奪われると、旧幕府軍は退路を断たれることを恐れて五稜郭へと撤退。四稜郭はわずかの期間で、五稜郭を守る陣地としての役割を終えます。

151117X10.JPG箱館戦争ののちも四稜郭は崩されることなく残され、1934(昭和9)年には国の史跡に指定されました。第二次大戦後の食糧難の折には耕作地に転用されるなどして荒廃したものの、1969(昭和44)年度から1972(昭和47)年度にかけて土塁などが復元され、現在では市民の憩いの場として開放されています(写真は、中の様子を見えなくするための入口の土塁「見隠塁(みかくしるい)」)。


◆四稜郭へは6-2系統のバスで。
「高野寺」バス停から下り道を30分歩いて到着

【函館駅前から】
151117X05.JPG
四稜郭へはバスで目の前まで行くことはできず、函館バスの6-2系統「上陣川行き」に乗ると、「高野寺」バス停が最寄り。四稜郭までは約1700メートル、歩いて30分ほどの道のりですが、下り坂の歩きやすい道です。函館駅前バスターミナル5番のりはから乗車します。

151117X06.JPG函館駅前から、五稜郭、中央図書館前、神山通、東山町経由で、高野寺まで34分290円(平日8往復、土曜日6往復、日祝日5往復)。

151117X08.JPGバスを降りたら、今登ってきた坂のほうへは下らず、進行方向の「高野山真言宗 神山教会」のほうへ直進します。道中、正面に函館山が望めます。

151117X09.JPG両側に歩道のある坂を下っていけば、迷うことはないでしょう。四稜郭の入り口には、目印として「史跡 四稜郭」の標識が立っています。

【五稜郭公園から】
151117X07.JPG
6-2系統は、五稜郭公園から目と鼻の先にある「中央図書館前」バス停からも乗車することができます。特別史跡五稜郭跡を見学した後、四稜郭へ向かうのもおすすめです。高野寺まで19分230円。

【利用しやすい時間帯の運行時刻(2015年11月現在)】
◎平日(上陣川行き)
●函館駅前(9:02)⇒中央図書館前(9:20)⇒神山通(9:27)⇒高野寺(9:36)
●函館駅前(11:49)⇒中央図書館前(12:07)⇒神山通(12:14)⇒高野寺(12:23)
●函館駅前(13:44)⇒中央図書館前(14:02)⇒神山通(14:09)⇒高野寺(14:18)
◎平日(函館駅前行き)
●高野寺(12:47)⇒神山通(12:56)⇒中央図書館前(13:03)⇒函館駅前(13:23)
●高野寺(14:42)⇒神山通(14:51)⇒中央図書館前(14:58)⇒函館駅前(15:18)
●高野寺(15:57)⇒神山通(16:06)⇒中央図書館前(16:13)⇒函館駅前(16:33)
◎土日祝日(上陣川行き)
●函館駅前(8:07)⇒中央図書館前(8:25)⇒神山通(8:32)⇒高野寺(8:41)
●函館駅前(9:37)⇒中央図書館前(9:55)⇒神山通(10:02)⇒高野寺(10:11)
●函館駅前(13:18)⇒中央図書館前(13:36)⇒神山通(13:43)⇒高野寺(13:52)
◎土日祝日(函館駅前行き)
●高野寺(10:30)⇒神山通(10:39)⇒中央図書館前(10:46)⇒函館駅前(11:06)
●高野寺(14:11)⇒神山通(14:20)⇒中央図書館前(14:27)⇒函館駅前(14:47)
●高野寺(15:57)⇒神山通(16:06)⇒中央図書館前(16:13)⇒函館駅前(16:33)

【注意点】6-2系統のうち、「神山通」バス停から先は「はこだて旅するパスポート」を除く1日(2日)乗車券の利用はできません。高野寺に向かう際は、最初から現金で乗車するか、いったん「神山通」で降車して、同じバスに乗り直す形になりますので、乗務員に確認を。神山通~高野寺の運賃は210円です。


◆帰りは循環バス「リング」がおすすめ。
下り坂を徒歩15分で「四稜郭入口」バス停に到着

151117X12.JPG四稜郭からの帰りのバス停は、もと来た坂を1700メートルも上って戻るのは大変なので、700メートルほど下ったところにある「四稜郭入口」バス停へ向かいましょう。函館山を正面に見ながらの歩道のある広い一本道ですので、迷うことはないと思います。

151117X11.JPG坂を下り終えると交差点があり、そこを左に曲がった先に「四稜郭入口」バス停があります。函館バスの「リング(神山・美原地区循環バス)」は、中央小学校前を起終点とする循環バスで、平日・土日祝日とも1日10便が運行。四稜郭入口バス停から、函館駅前や五稜郭方面などへの乗り継ぎ停留所となっている亀田支所前まで、16分210円です。1日(2日)乗車券も利用できます。

151117X13.JPG
亀田支所前から、五稜郭・函館駅前方面へのバスは10分に1本程度、湯の川方面へは30分に1本程度運行されています。現金で利用の場合は、バスを降りるときに申請すると乗り継ぎ料金が適用されるので、降車時に行先を告げ、亀田支所前までの運賃に乗り継ぎ料金50円を加えて支払い、乗り継ぎ券を貰います。乗り継ぎは2時間以内、2度目の降車の際に整理券と乗り継ぎ券を運賃箱へ投入し、不足額があれば現金を追加しましょう。

【亀田支所前乗り場案内】
151118X01.jpg
●四稜郭入口から乗ったリングの到着場所・・・「2番のりば」
●五稜郭公園や函館駅前方面・・・サンクス側に渡って右手「4番のりば」
●湯の川方面・・・ヤマダ電機側の「3番のりば」

【利用しやすい時間帯の運行時刻(2015年11月現在)】(平日・土日祝日共通)
●四稜郭入口(10:50)⇒亀田支所前(11:00)
●四稜郭入口(11:36)⇒亀田支所前(11:46)
●四稜郭入口(12:20)⇒亀田支所前(12:30)
●四稜郭入口(13:41)⇒亀田支所前(13:51)
●四稜郭入口(14:25)⇒亀田支所前(14:35)
●四稜郭入口(15:26)⇒亀田支所前(15:36)
●四稜郭入口(16:10)⇒亀田支所前(16:20)

なお、「リング」は中央小学校前が起終点となっていることから、亀田支所前から中央小学校前越えて四稜郭入口へ向かうことはできません。乗り越す場合は、再度乗り直し、初乗り運賃210円を支払う必要があります。


◆2016年秋「四稜郭」バス停が誕生。亀田支所前から9-J系統で

これまで、函館バスは史跡「四稜郭」の前は通るものの、近くにバス停はありませんでした。そこに朗報。2016年11月1日に行われた函館バスのダイヤ改正に合わせて、「四稜郭」バス停が新たに追加され、9-J系統(昭和営業所前~亀田支所前~上陣川、平日3往復、土日祝日2往復)が正面に停車するようになりました。

函館駅前、五稜郭、湯倉神社前から出かける場合は、亀田支所前まで行き、四稜郭バス停に停まる9-J系統に乗り継ぎができるように。亀田支所前~四稜郭の運賃は大人210円、小児110円の均一運賃ですが、乗り継ぎ制度を利用するとプラス50円で乗車可能。1日・2日乗車券も利用できます。

本数が少ないため、行きか帰りに前出のバスを組み合わせるか、滞在時間は約10分程度ですが、亀田支所前~四稜郭を往復することもできます。

【四稜郭バス停に停車する9-J系統の運行時刻(2016年11月現在)】
●亀田支所前3番のりば11:37⇒四稜郭11:49 四稜郭12:08⇒亀田支所前2番のりば12:19
●亀田支所前3番のりば13:07⇒四稜郭13:19 四稜郭13:38⇒亀田支所前2番のりば13:49※(平日のみ)


◆番外編 箱館戦争関連の新旧東照宮立ち寄りコース

【旧函館東照宮(権現台場)】
151117X14.JPG
五稜郭が完成した1864(元治元)年、五稜郭の鬼門(東北)を守護するために建立された函館東照宮。箱館戦争の折には周囲に土塁が築かれ、東照宮に祭られる祭神である徳川家康の神号「東照大権現」から名を採って「権現台場」とも呼ばれるようになりました。

151117X15.JPG箱館戦争で壮麗な社殿は焼失しましたが、五稜郭や弁天台場の石垣造りを手掛けた井上喜三郎作の御影石で作られた大鳥居は崩壊することなく現存。「奉 元治二年」の文字が読み取れます。今では東照宮跡に建つ神山稲荷神社の社宝として大切に守られています。

151117X16.JPG大鳥居をよくよく観察すると、当時の弾痕があちこちに残されています。

151117X17.JPG境内には、現在でも台場の土塁が残されています。

旧函館東照宮へのアクセス
リング「神山1丁目」または「四稜郭入口」バス停下車、徒歩5分

【現在の函館東照宮(北海道東照宮)】
151117X18.JPG戦火で焼失した函館東照宮は1886(明治19)年に宝来町へ移り、1992(平成4)年に現在の陣川町へ移り、名前も北海道東照宮へと改められました。

151117X19.JPG旧東照宮由来の手水鉢(ちょうずばち)には、箱館戦争時の弾痕が残されています。

北海道東照宮へのアクセス
函館バス6-2系統「東照宮入口」バス停下車、徒歩5分

【箱館戦争の遺跡を巡るモデルコース スケジュール
函館駅前 スタート
 函館バス「五稜郭タワー・トラピスチヌシャトルバス」で「函館駅前」(10:00)⇒「五稜郭タワー前」(10:15)
五稜郭公園 見学(約1時間30分)
 函館バス6-2系統で「中央図書館前」(12:07)⇒「東照宮入口」(12:24)+徒歩約5分
北海道東照宮 見学(約30分) 13:00ごろまで
 徒歩35分 
四稜郭 見学(約40分) 14:20ごろまで
 徒歩20分
旧函館東照宮 見学(30分) 15:15ごろまで
 徒歩5分+函館バス「リング」で「四稜郭入口」(15:26)⇒「亀田支所前」2番のりば(15:36)
 函館バス 5-1系統「亀田支所前」4番のりば(15:58)⇒五稜郭(16:09)⇒函館駅前(16:26)

※記者X 2015/11/11取材、11/19公開 2016/11/10更新