トップに戻る
あなたのテーマでディープな函館 「教会・修道院」

トラピスチヌ修道院へのアクセスガイド

150430X08.JPG

明治31年に創立された日本初の女子観想修道院・トラピスチヌ修道院は、函館を旅するかたの多くが訪ねるスポット。市街地から少し離れたところにあるので、アクセス法についてご説明しましょう。函館駅前や五稜郭、湯の川温泉、函館空港からシャトルバスや路線バスが出ています。「乗り場はどこから?」「運行本数は?」「どこで降りればいいの?」などの疑問にお答えしましょう。


◆五稜郭タワー・トラピスチヌシャトルバス(5系統)で「トラピスチヌ前」下車

タワートラピスチヌ改訂.jpg

五稜郭タワー・トラピスチヌシャトルバスは、「函館駅前」から「五稜郭タワー前」「市民会館・函館アリーナ前」「湯の川温泉電停前」「湯倉神社前」「トラピスチヌ前」を経由して、「函館空港」に到着するシャトルバス。主要な観光スポットを効率よく訪ねるのにおすすめなほか、函館駅⇔函館空港のアクセスにも便利です。夏ダイヤは30分に1本、冬ダイヤは1時間に1本となる見込みです。⇒函館バスホームページ)。

150430X05.JPG

函館駅前では、バスターミナル4番のりばから乗車。夏ダイヤは、8時45分発から14時45分発までの30分間隔で、一日13本が運行(冬ダイヤは2019年秋に発表)。「トラピスチヌ前」バス停までの所要時間は37分。大人300円、小児150円。

190525X01.JPG

2019年4月のダイヤ改正により、「五稜郭タワー・トラピスチヌシャトルバス(5系統)」と途中まで経路が同じで行き先の異なる、5A系統(函館駅前~五稜郭タワー前~函館アリーナ前~花びしホテル前~熱帯植物園前~函館空港~函館牛乳あいす118))と、5B系統(函館駅前~五稜郭タワー前)が登場(土日祝日のみ)。

タワートラピスチヌ全図.jpg

同じ乗り場から発着しているので、トラピスチヌ修道院へ向かう場合は乗りまちがいのないよう、ご注意を。

151215X01.jpg

五稜郭公園付辺から乗車する場合は、「五稜郭タワー前」バス停から。22分で「トラピスチヌ前」バス停へ。大人260円、小児130円。

190525X02.JPG

函館アリーナ付近から乗車する場合は、「市民会館・函館アリーナ前」バス停から。11分で「トラピスチヌ修道院前」バス停へ。大人240円、小児120円。


151215X09.jpg

湯の川温泉付辺から乗する場合は、「湯の川温泉電停前」バス停から。10分で「トラピスチヌ前」バス停へ。大人240円、小児120円。

151215X02.jpg

また、市電を利用してきた場合は、終点「湯の川」電停で下車し、徒歩5分ほど歩いた先の「湯倉神社前(浜田歯科医院前)」バス停で乗り継ぎ。8分で「トラピスチヌ前」バス停へ。大人220円、小児110円。

150430X11.JPG

バスを降りる前に、このシャトルバスの利用者特典の「ソフトクリーム割引券」を、乗務員さんからもらいましょう。隣接する市民の森売店の人気ソフトクリームを、割引価格で楽しむことができます。

151215X03.jpg

シャトルバスの「トラピスチヌ前」バス停を降りると、トラピスチヌ修道院の正門までは目と鼻の先。道路を渡ればすぐに入口です。次に湯の川・五稜郭タワー・函館駅前方面へ戻る場合も、函館空港へ向かう場合も、見学の前にバス停で時刻を確認しておくといいでしょう。函館空港までは10分で、運賃は大人210円、小児110円です。


◆函館空港からシャトルバスでトラピスチヌ修道院へ

_IGP5317.JPG

2016年3月26日の北海道新幹線の開業に伴い、「五稜郭タワー・トラピスチヌシャトルバス」のルートが変更され、函館空港でも利用できるようになりました。トラピスチヌ修道院の最寄りのバス停まで、乗り換えなしの10分で行けるようになり、とても便利に。函館空港からは、夏ダイヤなら9時46分発から15時46分発まで30分間隔で、一日13本が運行(冬ダイヤは2019年秋発表)。「トラピスチヌ前」バス停までの運賃は大人210円、小児110円。

なお、土日祝日運行の5B系統(函館牛乳・あいす118からの復路便)も函館空港に停車するため、函館空港でトラピスチヌ修道院に向かう「五稜郭タワー・トラピスチヌシャトルバス(5系統)」への乗り継ぎが可能です。


◆路線バスを利用して「トラピスチヌ入口」下車、徒歩5分

151215X05.jpg

前出のシャトルバスは、修道院の前まで行ってくれますが、本数はかぎられています。そのほか、一般の路線バスで、トラピスチヌ修道院へ向かう方法もあります。

151215X06.jpg

ただし、この路線バスは「トラピスチヌ前」バス停までは運行しておらず、最寄りは「トラピスチヌ入口」バス停となり、トラピスチヌ修道院の正門までは坂道を5分程度歩いて上る必要があります。夏期であれば、行きはシャトルバスで近くの「トラピスチヌ前」バス停へ、帰りは坂道を下って「トラピスチヌ入口」バス停から路線バス、というプランもいいでしょう。

【函館駅前から】
●59系統(5番のりば発)
(函館駅前~五稜郭~亀田支所前~湯倉神社前~トラピスチヌ入口~旭岡中学校前)
1日約15往復 函館駅前~トラピスチヌ入口約55分 大人310円、小児160円
●10系統、93系統(蛾眉野)、99系統(川汲経由鹿部)、99A系統(古部・椴法華)(6番のりば発)
(函館駅前~五稜郭~湯倉神社前~トラピスチヌ入口~鉄山・蛾眉野・川汲方面へ)
1日約8往復 函館駅前~トラピスチヌ入口約35分 大人290円、小児150円

【五稜郭から】
●12系統、66系統、93系統(蛾眉野)、99系統(川汲経由鹿部)、99A系統(古部・椴法華)、112系統 (3番のりばミスタードーナッツ横〈旧:au前〉発、4番のりば・信金前着)
1日約24~28往復 五稜郭~トラピスチヌ入口19~24分 大人280円、小児140円
●59系統、89系統 (1番のりばシダックス前発、2番のりばシエスタハコダテ前着)
1日約28往復 五稜郭~トラピスチヌ入口38分 大人290円、小児150円

【湯の川(湯倉神社前)から】
12系統、66系統、89系統、93系統(蛾眉野)、59系統、70・70A系統、99系統(川汲経由鹿部)、99A系統(古部・椴法華)(4番のりば浜田歯科医院前発、5番のりば旧湯の川製薬前着)
1日約45往復 湯倉神社前~トラピスチヌ入口8~11分 大人220円、小児110円


◆トラピスチヌ修道院の見どころ

151215X07.JPG

トラピスチヌ修道院は、夏期は8時~17時、冬期は8時~16時30分に開門していて、聖堂を望む前庭を見学することができます。聖堂は1927(昭和2)年に再建されたもので、修道生活の場であるため、中に入ることはできません。2016年からは、12月30日~1月2日を除いて、特定の曜日の閉門日は設けられていません(まれに臨時閉門の場合があるので売店へお問い合わせください。0138-57-3331)。

140806M28a.JPG

敷地内には売店と併設の資料室があり、おみやげを買ったり、内部の見学が可能です。


◆隣接する市民の森にも立ち寄り

151215M02.jpg

トラピスチヌ修道院の向かいにある市民の森は、初夏はアジサイの見所としても有名。散策するのに充分な広さがあり、園内には遊具や広場のほか、ベンチや東屋も各所にあります。

_IGP1571.JPG

休憩がてら、ビジターセンター内の「市民の森売店」に入ってみましょう。営業時間は、8:00~17:30(4~10月)、8:30~16:30(11~3月)。

151215X08.JPGこちらのソフトクリームは、さっぱりしていながらコクがあると評判です。


※記者X 2015/4/18・12/2取材(トラピスチヌ修道院売店とアジサイの写真を除く)、12/17公開 
2019/5/23更新