トップに戻る
あなたのテーマでディープな函館 「紅葉」
171029takatsu.jpg

湯の川エリアの高台にある見晴公園は、函館でも指折りの紅葉の名所。明治時代の豪商・岩船峯次郎氏の別荘として造られた純和風庭園「香雪園」には、毎年たくさんの人が詰めかけます。例年の見頃は10月中旬から11月上旬にかけて。はこだてMOMI-G(もみじ)フェスタの期間中(2018年は10月20日~11月11日)には、ライトアップなどさまざまなイベントも楽しめます。紅葉の初めから終わりまで、2017年のレポートをお届けします。(上の写真は10月28日撮影)


続きを見る
121113x01.jpg湯の川からバスで約10分、閑静な高台にある見晴公園の香雪園は、市内でも一番人気の紅葉の名所。2013年も10月19日から11月10日まで「MOMI-G(もみじ)フェスティバル」が開かれ、観光で訪れるかたはもとより、多くの市民が鮮やかな紅葉を愛でにやってきます。

2012年の紅葉は、例年よりやや遅めでした。「どんな風に色づいていくの」「園内はどんな様子?」......そんな声におこたえして、この地区に小さい頃から暮らし、長年紅葉に慣れしたんできた「はこぶら」記者が、移ろいゆく紅葉模様を日々レポートしました。

(各写真は、クリックすると大きく表示されます)

続きを見る

111028M01.JPG湯の川地区の高台にある見晴公園。明治時代の豪商・岩船峯次郎氏の別荘として造られた純和風庭園「香雪園」は、市民の憩いの場として開放されています。

秋も深まると、色鮮やかな紅葉を求めて、たくさんの人が詰めかける香雪園。10月下旬からは「はこだてMOMI-G(もみじ)フェスタ」も開催され、ライトアップなどさまざまなイベントも楽しめます。

そろそろどうかな? ワクワクと早る気持ちを胸に訪ねてみました(2011年10月28日)。園内の見どころをご案内しながら、色づき始めた紅葉の様子をたっぷりとお届けします。


続きを見る
101110noro01.jpg

函館では、名勝・旧岩船氏庭園(香雪園)のカエデ、恵山道立自然公園のドウダンツツジ、元町・大三坂のナナカマドなど、さまざまな紅葉が楽しめます。また、トラピスト修道院や大沼など、近郊にも紅葉の名所が。函館エリアで楽しめる紅葉情報をお届けしましょう。山で、庭園で、街角で、とびきりの紅葉をお楽しみください(写真は過去のシーズンのものです)。

続きを見る
entry.2009-11-03.4226517501Y01.jpg香雪園の紅葉は、市内の他のエリアより若干遅く、10月下旬から11月初旬にかけても楽しむことができます。無料の駐車場があり、園内はバリアフリーに対応して、車椅子の方でも回れるようになっています。

続きを見る