函館マラソン

フル&ハーフの眺めのいいコース

予定

函館の海や山、街並みを感じながら走る眺めのいいコースで、全国のランナーが集う。完走者全員にフィニッシャーズタオル、フル完走者にはメダルも。日本陸上競技連盟後援。

Photo: hakobura, 函館マラソン大会実行委員会 2023/06/06更新


53f76a7100e6bb552d29f73ce69501cd.jpg

千代台公園陸上競技場をスタートし、津軽海峡に面する漁火通、電車(市電)通り、赤レンガ倉庫のあるベイエリア(フルのみ)などを全国から集まったランナーが駆け抜けます。函館山や海、観光スポットの雰囲気を満喫できる「美しい街の、眺めのいいコース」として、人気の高い大会です。 「函館ハーフマラソン大会」として歴史を重ね、2016年からフルマラソン・ハーフマラソン同時開催の「函館マラソン」となりました。

国内の大会では珍しい海沿いのロングコースで、2020年からは北海道内のマラソンとしては北海道マラソンに次いで2大会目となる、日本陸上競技連盟後援大会となりました。ハーフマラソンはほぼフラットで「記録が狙える高速コース」、フルマラソンは高低差が大きい「日本一過酷なファンラン」と称されています。完走者にはフィニッシャーズタオル(フル・ハーフ)、完走メダル(フルのみ)が贈られます。

2023年は3年ぶりに新規のランナーを募集し、すでに定員に達しています。2022大会では、新型コロナウイルス対策として飲食を伴うイベントはありませんでしたが、2023大会ではエイドステーションでの食品提供が4年ぶりに復活するほか、25日10時半~16時に「おもてなしフェスタ」を4年ぶりに開催。がごめみそ汁と函館牛乳をランナー全員に各メニュー1杯ずつ提供するほか、8種類の名産品の中からお好きなものを1点選ぶ「えらべる振る舞い」も行われます。

イベントの特徴

  • スポーツ
  • ●年間おすすめイベント
  • ●旬のピックアップイベント

詳細情報

開催日

2023年6月25日(日)

開催時間

(スタート)ハーフ 9:00・フル 9:30、(フィニッシュ)15:00

開催時期の目安

6月の最終日曜日

定員・参加条件

ハーフ・フル各4000名程度

料金

参加料(ハーフ)6500円(フル)12000円

問合せ先

函館マラソン大会実行委員会(函館市教育委員会スポーツ振興課内)

TEL

0138-21-3576(平日9~17時)

関連リンク

開催場所

千代台公園陸上競技場

住所

函館市千代台町22-24

アクセス情報

市電 「千代台」電停下車  徒歩3分

駐車場

なし
公共交通機関の利用を

このサイトでは、ユーザーエクスペリエンスを向上させるためにCookieを使用しています。引き続き閲覧される場合は、当サイトでのCookie使用に同意いただいたことになります。 承諾する