函館マラソン

フル&ハーフの眺めのいいコース

予定

函館の海や山、街並みを感じながら走る眺めのいいコースで、全国のランナーが集う。完走者全員にフィニッシャーズタオル、フル完走者にはメダルも。日本陸上競技連盟後援。

Photo: hakobura, 函館マラソン大会実行委員会 2023/05/30更新


53f76a7100e6bb552d29f73ce69501cd.jpg

千代台公園陸上競技場をスタートし、津軽海峡に面する漁火通、電車(市電)通り、赤レンガ倉庫のあるベイエリア(フルのみ)などを、全国から集まったランナーが駆け抜けます。函館山や海、観光スポットの雰囲気を満喫できる「美しい街の、眺めのいいコース」として、人気の高い大会です。 「函館ハーフマラソン大会」として歴史を重ね、2016年からフルマラソン・ハーフマラソン同時開催の「函館マラソン」となりました。国内の大会では珍しい海沿いのロングコースで、2020年からは北海道内のマラソンとしては北海道マラソンに次いで2大会目となる、日本陸上競技連盟後援大会となりました。ハーフマラソンはほぼフラットで「記録が狙える高速コース」、フルマラソンは高低差が大きい「日本一過酷なファンラン」と称されています。完走者にはフィニッシャーズタオル(フル・ハーフ)、完走メダル(フルのみ)が贈られます。 2023年は3年ぶりに新規のランナーを募集し、インターネットによる受付のみで行われます。募集期間は2023年2月21日9時から4月14日17時まで。先着順で定員になり次第受付終了となります。詳細はこちら。 なお、2023年2月14日12時から、JTB特設申込サイトにおいて、宿泊斡旋がスタートします。函館観光のベストシーズンと重なって宿泊施設が混み合うので、遠方から参加を検討するかたは、ご参考にどうぞ。 2022大会では、新型コロナ対策として飲食を伴うイベントはありませんでしたが、2023大会については検討中とのこと。詳細が決まり次第、公式サイトおよび参加案内等で通知されます。

イベントの特徴

  • スポーツ
  • ●年間おすすめイベント
  • ●旬のピックアップイベント

詳細情報

開催日

2023年6月25日(日)

開催時間

(スタート)ハーフ 9:00・フル 9:30、(フィニッシュ)15:00

開催時期の目安

6月の最終日曜日

定員・参加条件

ハーフ・フル各4000名程度

料金

参加料(ハーフ)6500円(フル)12000円

問合せ先

函館マラソン大会実行委員会(函館市教育委員会スポーツ振興課内)

TEL

0138-21-3576平日9~17時

関連リンク

開催場所

千代台公園陸上競技場

住所

函館市千代台町22-24

アクセス情報

市電 「千代台」電停下車  徒歩3分

駐車場

なし
公共交通機関の利用を

このサイトでは、ユーザーエクスペリエンスを向上させるためにCookieを使用しています。引き続き閲覧される場合は、当サイトでのCookie使用に同意いただいたことになります。 承諾する