トップに戻る
箱館はじめて物語

東北以北最古のエレベーター

とうほくいほくさいこのエレベーター


市電「十字街」電停そばの「函館市地域交流まちづくりセンター」に現存する、手動制御のエレベーター。現在も稼働中で、スタッフに申し出ると乗ることができる。

市電「十字街」電停から歩いてすぐの南部坂のふもとに、「函館市地域交流まちづくりセンター」がある。ここには東北以北で最も古いエレベーターが現存する。 

この場所には元々、大正12年創業の「丸井今井呉服店函館支店」があった。耐火性に優れた鉄筋コンクリート造りの建物には、昭和5(1930)年にオーチス社製の最新式エレベーターが取り付けられる。しかし、その4年後の昭和9(1934)年3月に大規模な火災が発生し、建物内部が全焼した。現在残っているエレベーターは、火災後に新しく取り付けられた2代目である。

平成元(1989)年には市の「景観形成指定建造物」に指定され、建物の老朽化による改修を経て、平成19年4月に現施設に生まれ変わった。現在でもスタッフに申し出ると、説明を受けながらエレベーターに乗ることができる。

関連記事
 旧丸井百貨店(函館市地域交流まちづくりセンター)


※オフィスO 2011/7/7取材 2011/7/22公開


エリア 駅前・元町地区
問合せ先 函館市地域交流まちづくりセンター
所在地 函館市末広町4-9
電話番号 0138-22-9700
営業時間 9:00~21:00
定休日 年末年始(12/31~1/3)※器材点検のため月1回程度臨時休館する場合があります
アクセス 【市電】十字街電停 徒歩2分
駐車場 有(30台)
関連リンク 函館市地域交流まちづくりセンター
GoogleMapで大きなマップを開く