トップに戻る
ニュース 

新型コロナウイルス感染症と函館観光の関連情報

新型コロナウイルス感染症と函館観光の関連情報
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、北海道では2021年10月1日(金)~10月31日(日)、秋の再拡大防止特別対策が講じられています(詳細)。函館市からのお知らせはこちら

函館市内の観光関連施設は、新型コロナウイルスの感染防止対策を講じながら営業しています。

【北海道・函館の新型コロナウイルス感染症 発生状況】
(2021年10月20日現在)
北海道で確認された感染者累計 60645人(前日比増14人)
函館市で確認された感染者累計 1686人(前日比増0人)

(最新情報)

(参考情報)

【当サイトでの情報提供】
このページのほか、下記で最新情報を提供しています(随時更新)。

211001notice.jpg

【観光客の皆様へのお願い】
「三つの密(密閉・密集・密接)」「感染リスクが高まる5つの場面(*)」等の回避や、
「人と人との距離の確保」「マスクの着用」「手洗いなどの手指消毒」をはじめとした
基本的な感染防止対策を徹底したうえ、下記のご協力をお願いいたします。
(*)飲酒を伴う懇親会等、大人数や長時間におよぶ飲食、マスクなしでの会話、狭い空間での共同生活、居場所の切り替わり

(北海道への来訪検討時、または北海道内での滞在時に関して)
●基本的な感染防止対策を徹底し、特にワクチン接種を完了していない方等は、移動の際の体温チェックやPCR検査を受けるなど、体調確認を徹底し、発熱等の症状がある場合は、来訪を控える。
●感染リスクを回避できない場合、札幌市との不要不急の往来は控える。
●混雑している場所や時間を避けて少人数で行動する。
●重症化リスクの高い人と接する際は、基本的な感染防止対策をさらに徹底する。

(飲食の場面に関して)
●大人数(5人以上)の会食は控える。 
●感染防止対策が徹底されていない飲食店等の利用を控える。
●飲食店等が実施している感染防止対策に協力する。
●飲食は短時間で、深酒をせず、大声を出さず、会話の時はマスクを着用する (「黙食~食事は静かに、会話はマスク~」の実践)


【「新北海道スタイル」の実践について】
201002G03.jpg

200624M03.JPG

200624M02.JPG

函館駅構内にある函館市観光案内所では、カウンターにパーテーションを設置し、マスクを着用して案内中。
来所者にもマスクの着用・手指の消毒をお願いするなど、感染防止に努めています。


【発熱時の相談窓口】

市立函館保健所 受診・相談センター 0120-568-019
(24時間。通話無料)
新型コロナウイルス感染症や発熱・呼吸器症状に関する相談や、受診できる医療機関の案内などに対応



日本政府観光局(JNTO)では、非常時の外国人旅行者の安全・安心確保のため、
365日、24時間、多言語(英語、中国語、韓国語、日本語)で対応するコールセンターを開設しており、
新型コロナウイルス関連の問い合わせにも対応しています。
Japan Visitor Hotline 050‐3816‐2787