トップに戻る
ニュース 

北方民族資料館で、ゴールデンカムイの世界を満喫

北方民族資料館で、ゴールデンカムイの世界を満喫 アイヌ民族や北方民族の衣装、生活用品を展示する、函館市北方民族資料館。函館とかかわりの深い漫画「ゴールデンカムイ」で描かれたさまざまなアイテムの実物が見学できると、人気を集めています。

2022年11月には館内の一部で展示替えを行い、アイヌの儀礼で使う道具や独特の民族衣装など、「ゴールデンカムイ」にちなんだ資料の展示がさらに充実しました。

ファンのかた必見! カムイワールドにどっぷりと浸れます。


所在地 函館市末広町21-7
アクセス 市電 「末広町」電停から徒歩1分
開館時間 9:00~17:00(11~3月)、9:00~19:00(4~10月)
休館日 12月31日~1月3日、展示替え・館内整理時
入館料 一般300円、学生・生徒・児童150円
問い合わせ 0138-22-4128
  • 北方民族資料館で、ゴールデンカムイの世界を満喫
    作中でアイヌの少女アシリパが身につけている衣装に似た、白地に紺の模様が印象的な草皮衣「テタラペ」。
  • 北方民族資料館で、ゴールデンカムイの世界を満喫
    アイヌ文様の刺しゅうを施した特徴的な鉢巻き「マタンプシ」と、頸飾帯・首飾り「レクトゥンペ」。
  • 北方民族資料館で、ゴールデンカムイの世界を満喫
    今回の展示替えでお披露目された3本の刑罰棒・制裁棒「ストゥ」。喧嘩両成敗で事を収める際に使用。
  • 北方民族資料館で、ゴールデンカムイの世界を満喫
    キツネ、アホウドリ、魚など、動物の頭骨を使った占い道具や儀礼用具。神に捧げる木幣「イナウ」つき。