おすすめコース2

雨や雪でも楽しい、体験スポット巡り

天気が悪くて、あまり外を歩きたくない日にもおすすめの、
周遊バスで巡るお楽しみコース。一日乗車券を使うと便利です。

主なスポット
  • 函館朝市
  • ラッキーピエロ
  • 赤レンガ倉庫
スタート JR函館駅
スタート地点までのアクセス
距離・時間 徒歩+バス 7km
7~8時間(施設見学等含む)
雨雪体験グルメ

1函館駅 現在地から

函館駅

JR函館駅を発着地点とし、観光のメインエリアを循環する函館バス「元町・ベイエリア周遊号」を利用。天気に関係なく楽しめるスポットを巡りましょう。4~10月は20分間隔、11~3月は40分間隔の運行なので、事前に時刻表を要チェックです。

詳細を見る
函館駅

今回のコースで役立つのが、函館バス専用1日乗車券「カンパス」。大人800円、小児400円で1日乗り放題、乗り降りもスムーズです。JR函館駅構内の観光案内所やバスターミナル案内所で事前に購入できます。

詳細を見る

2函館朝市  入館・体験1時間 現在地から

函館朝市

JR函館駅から函館山方向に少し歩くと、函館朝市が見えてきます。約250の店舗が軒を連ね、海産物をはじめ、野菜、果物、お菓子、珍味など、函館の多彩な味覚が集まる巨大な市場。函館旅行には外せない観光スポットでもあります。

詳細を見る
函館朝市

朝市内の駅二市場では、気軽に「いか釣り」を体験できるコーナーがあります。毎朝、市場から海水ごと直送されたいかを、耳(エンペラ)に釣り針をひっかけるようにして釣るのが大人気。釣ったいかは、その場で刺身にしてくれます。

詳細を見る

3はこだて明治館  入館・体験2時間 現在地から

はこだて明治館

函館朝市ひろばの向かいにある「函館朝市前」バス停から「元町・ベイエリア周遊号」に乗車し、「明治館前」で降りましょう。明治時代に郵便局として建てられた赤レンガの重厚な建造物で、現在はショッピングモールとして活用されています。

詳細を見る
はこだて明治館

1階にある「函館硝子明治館」では、ガラス製品に好みの絵柄や文字などを入れることができる「サンドブラスト体験」が楽しめます。制作時間はおよそ90分程度。ほかに、オルゴールの製作体験ができる工房もあります。

詳細を見る

4ラッキーピエロ マリーナ末広店  入店40分 現在地から

ラッキーピエロ マリーナ末広店

「明治館前」からバスに乗り、「西波止場・函館ビヤホール前」下車。バス停の向かい側に 「ラッキーピエロ マリーナ末広店」があります。函館のご当地ハンバーガーレストランの最新店で、約200坪の敷地にゆったり154席あります。

詳細を見る
ラッキーピエロ マリーナ末広店

ラッキーピエロでは店舗ごとにテーマが設けられていて、こちらは「ベイサイドレストランピア館(ピア=港)」。店の一部が海上にあって、奥の窓側の席からは港が見渡せるのが特徴で、緑の島や停泊しているヨットなども見られます。

ラッキーピエロ マリーナ末広店

一番人気のメニューは、なんといってもチャイニーズチキンバーガーです。北海道伊達産の鶏のから揚げに、函館市の隣・北斗市で採れたシャキシャキのレタスがたっぷりで、一口ほおばると自然と笑みがこぼれてしまいます。

5函館市地域交流まちづくりセンター  入館・体験30分 現在地から

函館市地域交流まちづくりセンター

「西波止場・函館ビヤホール前」バス停から乗車し、「十字街」で下車。大正時代に建てられた百貨店の建物を活用した「函館市地域交流まちづくりセンター」に行ってみましょう。現在、市民活動や観光案内の拠点として利用されています。

詳細を見る
函館市地域交流まちづくりセンター

館内は自由に見学可能。なかでも、東北以北で最古の手動制御エレベーターは、訪れるかたの目をひきます。現在も稼働しており、受付カウンターに申し出ると、スタッフの手動操作で最上階まで一緒に乗ることができます。

詳細を見る

6函館市旧イギリス領事館(開港記念館)  入館30分 現在地から

函館市旧イギリス領事館(開港記念館)

「十字街」バス停からバスに乗車。「旧イギリス領事館」で下車し、基坂を上ると、左手に白壁と青い窓枠が特徴のハイカラな建物が見えてきます。領事館は江戸末期の開港とともに開設し、現在の建物は大正時代に竣工したものです。

詳細を見る
函館市旧イギリス領事館(開港記念館)

現在は開港記念館として一般公開され、領事館当時の様子を再現した部屋の展示などがあります。ホールに敷かれた、古い絵地図「箱館真景」を基に、ペリーのたどった航路や世界地図をダイナミックに描いたカラフルなカーペットは必見。

7旧函館区公会堂  入館・体験1時間 現在地から

旧函館区公会堂

旧イギリス領事館からさらに坂を上り、元町公園内を通り抜けると、ひときわ目をひくハイカラな洋館の「旧函館区公会堂」があります。大火で焼失した町会所を再建するため1910(明治43)年に建設され、現在も内部を見学することができます。

詳細を見る
旧函館区公会堂

館内では、レトロで優雅なドレスをレンタルして、自分のカメラなどで記念写真を撮ることができる「ハイカラ衣裳館」が人気。女性用ドレスはもちろん、男性用、子供用もあります。また、簡単なヘアメイクのサービスも受けられます。

詳細を見る

8金森赤レンガ倉庫  入館30分 現在地から

金森赤レンガ倉庫

再びバスに乗り、「ラッキーピエロベイエリア本店前」で下車。金森赤レンガ倉庫に立ち寄って、おみやげタイムにしましょう。「函館ヒストリープラザ」「金森洋物館」「BAYはこだて」の3エリアに分かれており、多くのショップが集まっています。

詳細を見る

9函館駅 現在地から

函館駅

「ラッキーピエロベイエリア本店前」バス停から函館駅前行きのバスに乗り、函館駅へ戻ります。このコースは、天気がよければ部分的に徒歩で巡ることもできます。ご紹介したメニューは、時間に合わせて好みのものをチョイスしてください。

※記者TT 2015/12/15取材、2016/2/29公開

このページのトップへこのページのトップへ