トップに戻る
足をのばして欲張り旅 「恵山・戸井・椴法華・南茅部エリア」

桜の次は恵山のつつじ、爽快!初夏の山歩き

120523NORO01.jpg
函館の街が淡いピンクの花に包まれた桜の季節が終わると、次はつつじの出番です。

なかでも函館市の東部にある恵山は、つつじの名所。5月中旬から6月上旬にかけて、山麓は燃えるようなピンク色の花に覆われます。恵山つつじ公園をぐるりと散策するとともに、その前山の登山道を歩いてみると、見晴らし満点! 山の上からもつつじを楽しめます。

函館の中心街からは約1時間のドライブ。バス便もあるので、ぜひ足をのばして訪ねたいところです。

◆恵山つつじ公園は、まるでつつじの海を歩くよう

120523M02.jpg
恵山の山裾にある「恵山つつじ公園」。毎年5月中旬~6月上旬のつつじまつりには、たくさんの人が訪れます。公園内には遊歩道があり、背丈をはるかに超えるようなつつじの間を散策すると、その迫力に圧倒されそうです。

園内には約4万本が群生。鮮やかなピンク色で、おなじみの星型に開いた花がエゾヤマツツジ(下左)。紅白のしま模様で、小さな風鈴型の花が房になるのがサラサドウダンツツジ(下右)。恵山では、この2種類が咲き競います。

つつじ公園の開花状況は、こちらのサイトでご確認を。2016年の見ごろは5月中旬~下旬と予想されています。花は山裾から上に向かってだんだん咲いていくので、前山の山肌もだんだんつつじ色に染まっていき、長い間楽しめそうです。


120523NORO03.jpg 120523M04.JPG


◆「森林空間散策コース」を登っていくと、つつじ公園が一望できる

120523M05.JPG
つつじ公園を歩いたら、向かいの前山にもぜひ登ってみたいもの。高さ約200メートルの展望台へ向かう登山道は、階段状に整備された歩きやすい道で、30~40分の散策コースです。

つつじの木が生い茂る中、花の間をくぐるように散策するのは、まさに森林浴気分。振り返ると、公園のつつじが真っ赤なじゅうたんのように広がり、遠くには津軽海峡、天気がいい日は下北半島も望めます。

ちょうどこの季節は、「エゾハルゼミ」という小型のセミの鳴き声が聞こえます。初夏の山に響くジュワジュワジュワの大合唱も、貴重な体験です。


120523M06.JPG 120523M07.JPG

恵山つつじ公園へのアクセス
車で JR函館駅から約1時間、函館空港から約40分
バスで(恵山登山口下車) JR函館駅から「恵山御崎行き」で約2時間、湯の川(湯倉神社前)から約1時間半。
恵山登山口から徒歩約25分
函館駅前発(6番のりば) 8:21 10:03 11:28 13:16・・・
恵山登山口発 ・・・11:59 14:43 16:05 17:46
(2016年3月現在)

※編集室M、最初の写真/野呂希一 2010/6/7取材、2012/5/24公開、2016/5/19更新

関連記事