トップに戻る

スポット情報 グルメ 「カフェ」

喫茶ニューサロン海峡

きっさニューサロンかいきょう


函館駅から徒歩5分、青函連絡船記念館「摩周丸」3階の一角にある、眺望抜群の喫茶サービスコーナー。函館港内の船や函館山を眺めながら、お茶を飲むことができる。

青函連絡船の歴史を今に伝える「函館市青函連絡船記念館摩周丸」、その3階サロンの一角にある喫茶サービスコーナーが、「喫茶ニューサロン海峡」です。店名の由来は、かつて青函連絡船のグリーン船室の一角で営業していた喫茶室「サロン海峡」から。大きな窓越しに、函館港内を行き交う多種多様な船舶や、函館山、そのふもとの街並を見ることができます。
 
ロシアンティー(税込400円)はポットサービスで供され、砂糖の代わりに添えられているジャムを加えて飲むと、香り高いロシアンティーを楽しめます。メニューはそのほか、ホットコーヒー(税込300円)、アイスコーヒー(税込350円)、ジュース(税込350円)、ビール(税込400円、つまみつき)、あまざけ(税込350円)、梅酒(税込400円。炭酸水つき)など。摩周丸の船名の由来である、摩周湖の湧水で育った乳牛の生乳から手作りされた「摩周湖のあいす(税込350円)」もあります。お土産には、青函連絡船や北海道を走る特急列車をかたどった手作りクッキー(税込100円)をどうぞ。
 
サロン内には図書・映像ライブラリーやギャラリーなどが設けられているほか、船長服を着て記念撮影ができるコーナーもあり、旅の思い出づくりにもってこいです。飲食物の持ち込みは自由で、海を眺めながら駅で買った弁当などを食べることもできます。
 
毎年7月下旬と8月1日に函館港内で開かれる花火大会の折には、摩周丸が夜間特別開館されます。ほぼ真正面から打ち上がる花火を堪能できる穴場スポットでもあるので、要チェックです。
 
入館料は一般500円、児童・生徒250円(函館市内の小中学生は無料)。市電やバスの1日・2日乗車券提示で入館料割引あり。団体割引もあります。

関連記事
 青函連絡船記念館摩周丸

※記者X 2010/12/16公開 2018/12 更新


喫茶ニューサロン海峡
エリア 函館駅前・大門エリア エリア区分について
所在地 函館市若松町12番地先  Googleマップで開く
電話番号 0138-27-2500
営業時間 10:00~15:30
定休日 不定休
アクセス JR 「函館駅」 下車 徒歩5分
駐車場 周辺に有料駐車場あり(ただし、駐車可能なスペースあり)
喫煙 不可
関連リンク 函館市青函連絡船記念館摩周丸
関連リンク 語りつぐ青函連絡船の会
Facebook Museum Ship Mashu Maru of Hakodate
ランチタイムに営業、全面禁煙、市電から徒歩5分以内、お子様歓迎、20名以上OK、眺望がいい


函館タクシー
近畿日本ツーリスト
函館レンタカーの特集ページ「たびらい北海道」
株式会社前側建設
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
函館山ロープウェイ
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
函館タナベ食品
グルメ回転ずし 函太郎
金森赤レンガ倉庫
フォーポイントバイシェラトン
万惣
竹葉
ホテルショコラ
男爵倶楽部ホテル&リゾーツ
国際ホテル
笑