トップに戻る

スポット情報 グルメ 「居酒屋」

新型コロナウイルスの影響で休業・営業内容変更の場合があります

居酒屋 兆治

いざかや ちょうじ


函館近海の旬の魚を刺し身、焼き物、煮物、揚げ物と存分に味わえる。店名は高倉健主演の映画から。一人でも気兼ねがいらない。「ミシュランガイド北海道2017特別版」掲載店。

※2016年10月に移転。下記は前店舗の内容です。

市電の松風町電停から歩いてすぐ、JR函館駅からも徒歩圏内の大通り沿いにある居酒屋。旬の魚を美味しく食べさせる店として、地元の常連さんばかりでなく、出張のサラリーマン、函館好きの旅行者などに人気があります。カウンター前に腰を落ちつけて、お酒を飲みながら料理を味わえば、とてもくつろいだ気分に。カウンターの中には、店主と息子さんの2人。一人で入っても、じゃましない程度のほどよい距離感の接客で、気兼ねなくすごすことができます。

 
黒板に記されたお品書きには、その日に入った魚の名前がずらり。店主が市場で仕入れる、その時期に一番美味しい魚を、刺し身はもちろん、焼き物、煮物、揚げ物......と、持ち味を生かして料理します。この日の刺し身は、生本鮪、やりいか、うまづらはぎ、ほうぼう、あわび、ひらめの昆布じめなど(1人前600円+税から)。「うまづらはぎは、肝と一緒に召し上がってくださいね」との言葉通り、淡泊で身のしまった白身に、とろり濃厚な肝をからめて口にはこぶと、思わずにっこり、日本酒がすすみます。お酒はビール、焼酎、日本酒など。大雪の蔵、男山、菜の花の沖といった北海道の地酒のほか、〆張鶴、久保田、八海山などがあります。
 
「米茄子海鮮あんかけ(1300円+税)」は、大きな米茄子を揚げたものに、アワビ、カニ、ウニなどをあん仕立てにしたボリューム満点の一品。そのほか、塩でさっぱり仕上げた「兆治のいか塩辛(380円+税)」、パリッとした皮が魅力の「兆治の海老しんじょ揚げ(600円+税)」海鮮の具がうまみたっぷりの「兆治のゆで餃子(500円+税)」など、ここでしか食べられない定番メニューもいろいろあります。 
 
「居酒屋兆治」といえば、高倉健さん演じる無口な男が函館で居酒屋を営む映画を思い出しますが、やはり、あの映画から店名をとったとのこと。映画公開と同じ1983年に開業し、最初は映画と同じやきとり屋だったけれど、だんだんいろいろなメニューを出すようになったそうです。手書き文字の看板と赤ちょうちんが目印で、こじんまりした店構えも、まるで映画のワンシーンに出てきそうな雰囲気です。

「ミシュランガイド北海道2017特別版」掲載店。

※編集室M 2013/12/6取材、12/11公開 2016/9 更新


新型コロナウイルスの影響で休業・営業内容変更の場合があります
居酒屋 兆治
エリア 函館駅前・大門エリア エリア区分について
所在地 函館市松風町13-4  Googleマップで開く
電話番号 0138-27-3699
営業時間 17:00~22:00
定休日 日曜日
アクセス 市電 「松風町」電停 下車 徒歩3分
喫煙
小上がり、ディナータイムに営業、喫煙OK、市電から徒歩5分以内、地元の味が楽しめる、英語メニュー


竹葉
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
国際ホテル
金森赤レンガ倉庫
函館山ロープウェイ
函館タクシー
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
グルメ回転ずし 函太郎
函館タナベ食品
広告募集中