トップに戻る

スポット情報 グルメ 「カフェ」

新型コロナウイルスの影響で休業・営業内容変更の場合があります

大手町ハウス函館 cafe centenaire

おおてまちハウスはこだて カフェ ソンテネール


国登録有形文化財の美しい建物、旧函館大手町ハウスを利活用したカフェ。天井の高い落ち着いた雰囲気の空間で、ゆったりとお茶が楽しめる。JR函館駅から徒歩3分。

JR函館駅からほど近い、閑静な緑地帯に面して、函館では知る人ぞ知る美しい洋館「大手町ハウス」があります。1918(大正7)年に浅野セメント函館営業所として建てられ、2004年に当時の姿に復元されて、カフェとして営業していました。その後、しばしのお休みを経て、2017年6月にカフェ営業を再開。天井の高い、ロマンチックなインテリアの空間で、ゆったりとお茶を楽しむことができます。

店名のcentenaire(ソンテネール)は、フランス語で「100歳以上」または「100年以上」という意味。この建物は2018年で築100年を迎えたということで、「この先、函館の街の中で、変わらない姿を残していきたい」というオーナーさんの思いがこめられています。

おすすめはケーキセット(税込900円)。クリームブリュレ、チーズケーキ、ガトーショコラ、シフォンケーキ、ティーケーキ、アップルパイから選べて、フルーツなどと美しく盛り合わされてきます。コーヒー(オリジナルブレンド、深煎りブレンド)か紅茶(ダージリン、アッサム、アールグレイ)と一緒にどうぞ。パフェ(税込800円)、ホットサンドセット(税込900円)、トーストセット(税込み700円)もあります。

店内は、繊細な装飾の天井・柱・窓、マントルピース、アンティーク小物などが優雅な雰囲気を醸し出して、思わずうっとりしてしまうほど。化粧室まで広々として、お姫さま気分が味わえます。ハイカラな街・函館を象徴するような歴史的な建物で、とっておきの時間をすごしませんか。

なお、歩いて3分ほどで、青函連絡船記念館摩周丸の係留されている埠頭に出られますので、合わせて港の散策もおすすめです。

※編集室M(ケーキの写真/記者J) 2017/6/17取材、6/29公開 2019/11 更新


新型コロナウイルスの影響で休業・営業内容変更の場合があります
大手町ハウス函館 cafe centenaire
エリア 函館駅前・大門エリア エリア区分について
所在地 函館市大手町5-1  Googleマップで開く
電話番号 0138-83-1331
営業時間 (4~10月)10:30~18:00(LO17:00)、(11~3月)11:00~17:00(LO16:30)
定休日 (4~10月)火曜日、(11~3月)月・火曜日
アクセス 市電 「函館駅前」電停 下車 徒歩3分
駐車場 周辺に有料駐車場あり
喫煙 不可
ランチタイムに営業、全面禁煙、市電から徒歩5分以内、明治・大正の建物、英語メニュー、中国語メニュー


竹葉
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
国際ホテル
金森赤レンガ倉庫
函館山ロープウェイ
函館タクシー
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
グルメ回転ずし 函太郎
函館タナベ食品
広告募集中