トップに戻る
スポット情報 グルメ 「海鮮丼」
新型コロナウイルスの影響で休業・営業内容変更の場合があります

函館朝市どんぶり横丁市場

→詳細情報
JR函館駅そばの函館朝市の一角にあり、新鮮な魚介類が味わえる食堂をはじめ、市内の有名ラーメン店、海産物を扱うみやげ店など、函館の味約20店が軒を連ねている。
所在地 函館市若松町9-15
営業時間 店舗によって異なる
定休日 店舗によって異なる
電話番号 0138-22-6034(事務局)

恵比寿屋食堂

→詳細情報
海鮮丼だけでも50種以上と豊富なメニューが自慢。7種のネタが詰まった、特別メニューがおすすめ。どんぶり横丁市場にある。
所在地 函館市若松町9-16
営業時間 6:00~16:00(LO15:30)
定休日 火曜日
電話番号 0138-23-1602

きくよ食堂 本店

→詳細情報
函館朝市海鮮丼の元祖。こだわりは近海の新鮮なネタと道南産米の炭火炊きご飯で、元祖函館巴丼が人気。朝市に本店、支店あり。ベイエリア店は夜も営業。昭和31年創業。
所在地 函館市若松町11-15
営業時間 5:00~14:00(5~11月) 6:00~14:00(12~4月)
定休日 1月1日
電話番号 0138-22-3732

うにむらかみ 函館本店

→詳細情報
老舗生うに加工販売店の直営店ならではの新鮮さが売り。小上がりもあり、夜はゆっくりお酒も飲める。函館駅より徒歩5分。「ミシュランガイド北海道2017特別版」掲載店。
所在地 函館市大手町22-1
営業時間 朝の部 8:30~14:00(LO13:30)、夜の部17:00~20:30(LO20:00)※揚げ物、焼き物は各LOの15分前まで
定休日 第1・第3火曜日夜の部、水曜日、年末年始
電話番号 0138-26-8821

朝市食堂 函館ぶっかけ

→詳細情報
「無添加・自家製いくら」で知られる「弥生水産」直営店。人気は7種の魚介類が盛られた大名盛。2010年「どんぶり横丁市場」内に移転。全25席。カウンターあり。
所在地 函館市若松町9-15 函館朝市どんぶり横丁市場内
営業時間 7:00~14:00
定休日 不定休
電話番号 0138-27-0841

一花亭 たびじ

→詳細情報
「活いか踊り丼」が人気の店。透き通ったイカと自家製いくらが味わえる。1階に椅子席、小上がり、カウンター、2階椅子席の全58席。年中無休。
所在地 函館市若松町9-15 どんぶり横丁内
営業時間 6:00~14:00
定休日 無休
電話番号 0138-27-6171

朝市食堂 二番館

→詳細情報
釣堀のある駅二市場の2階にある食堂。人気の「500円丼」は6種あり、なかでも五目丼が大人気。2006年オープン。
所在地 函館市若松町9-19
営業時間 6:30~14:00(季節によって変動あり)
定休日 7、8、9、12月以外の第3水曜日、1月1日~1月4日
電話番号 0138-22-5330

函館朝市 いくら亭

→詳細情報
活魚水槽の新鮮な魚介類を提供。自慢は店名の通り「いくら」。丼と焼き魚の定食「いくら亭セット(1430円)」や天丼も。2階は小上がりでくつろげる。どんぶり横丁市場内。
所在地 函館市若松町9-15
営業時間 7:00~14:50
定休日 不定休
電話番号 0138-23-3422

海鮮味処 すずや食堂

→詳細情報
見た目も味も価格も納得の海鮮丼、定食が評判。朝市の老舗「マルジュウ船岡商店」内。5種の海鮮ぎっしりの「土方丼」が若い女性を中心に人気(現在取扱い終了)。全104席。
所在地 函館市若松町10-4
営業時間 6:00~14:00
定休日 無休
電話番号 0138-23-0461

朝市お食事処 山三 道下商店

→詳細情報
函館朝市どんぶり横丁市場内、白いのれんが目印の、活いかが人気の老舗店。丼メニューのほか、かにの身たっぷりのカニクリームコロッケも人気メニュー。小上がりもあり。
所在地 函館市若松町9-15
営業時間 6:00~21:00
定休日 不定休
電話番号 0138-22-6086


金森赤レンガ倉庫
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
函館山ロープウェイ
函館タナベ食品
グルメ回転ずし 函太郎
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
国際ホテル
竹葉
函館タクシー
広告募集中