トップに戻る

スポット情報 体験 「手作り」

はこだて工芸舎(陶芸体験)

はこだてこうげいしゃ(とうげいたいけん)


観光中心エリアの入り口「十字街」電停近くに建つ工芸品のギャラリー。陶芸体験は2名より受付。事前に電話で問い合わせを。マグカップ、皿、湯呑み、小鉢などが人気。

函館旅行の記念に、何か手作りを体験したい......そんな気分にぴったりの陶芸体験教室をご紹介します。場所は、路面電車が2方向に分岐する「十字街」電停の目の前で、昭和初期から繁華街「銀座通り」入口の顔として街を見続けてきた歴史ある建物。陶器、ガラス、木工品などの展示販売を行うギャラリーで、市電の音に耳を傾けながら、気軽に陶芸にチャレンジできます。

1時間半~2時間程度で、参加費(材料費、講師料込)は1人3500円。今回はカップと受け皿を作りました。カップは、ろくろを使わない「たたら造り」で。(ろくろでの陶芸体験もあり。4000円)。粘土をこねてのばして、型紙に従って糸やへらでパーツを切り出し、形を整えていきます。オーナーの堂前邦子さんが丁寧に説明してくれて、初めてでも迷うことなくできました。皿は手びねりで。こちらは、粘土遊びのように手で好きな形を作っていきます。粘土に触るのは子どものとき以来で、最初はおそるおそるでしたが、だんだん手になじんで気持ちよくなってきます。

形ができたら絵付け。コバルトの粉を水に溶かした、染付の器用の絵の具(呉須)を筆に含ませ、粘土に描いていきます。なかなか描き出せずにいたら、「絵の具のかすれや垂れた感じも味になるので、思い切って描いてみましょう」とアドバイス。心を決めて、大胆に描いてみました。

体験はここまでで、後日素焼き、釉がけ、本焼きをしてもらってからの受け取りとなります。約1カ月後、真っ白に生まれ変わった陶器を手にするのはちょっとした感動ものです。送料別で配送してもらえるので、旅の思い出を楽しみに待ちましょう。参加は2名以上で、事前予約が必要。カップルや友達同士、また家族での参加はいかがでしょう。きっと盛り上がることと思います。
 
関連記事

※編集室M(写真撮影記者J) 2014/3/12再取材、9/30公開 2018/8 更新


はこだて工芸舎(陶芸体験)
エリア ベイエリア エリア区分について
所在地 函館市末広町8-8  Googleマップで開く
電話番号 0138-22-7706
営業時間 10:00~18:00
定休日 無休
料金 陶芸体験 たたら造り3500円、ろくろ4000円、だるま絵付け1080円
アクセス 市電 「十字街」電停 下車 徒歩1分
駐車場 無料駐車場あり(6台)
関連リンク はこだて工芸舎
体験メニュー(要予約)、お子様歓迎、雨や雪でも楽しめる、市電から徒歩5分以内、無料駐車場、入館できる古建築、クレジットカード(VISA)、クレジットカード(マスター)、クレジットカード(JCB)、クレジットカード(銀聯)

掲載内容は取材時・更新時のものです。最新情報のご確認は各施設までお願いします。


JTB
函館タナベ食品
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
グルメ回転ずし 函太郎
はこだて亭
国際ホテル
函館レンタカーの特集ページ「たびらい北海道」
近畿日本ツーリスト
竹葉
男爵倶楽部ホテル&リゾーツ
フォーポイントバイシェラトン
ホテルショコラ
函館山ロープウェイ
金森赤レンガ倉庫
函館タクシー
広告募集中