トップに戻る

スポット情報 体験 「公園」

道南四季の杜公園

どうなんしきのもりこうえん


ヒースの大規模花壇の「花の丘」、大型遊具の「野原の丘」、緑豊かな森が広がる「里の森」、里山のような「小川の里」の4つのゾーンがある北海道立公園。四季折々楽しめる。

2003年に道南初の北海道立公園としてオープンした四季の杜公園は、人と自然の共存をテーマに、四季折々の自然の中でオリエンテーションが楽しめる場所。広い園内は、北海道初となるヒースの大規模な花壇がある「花の丘」、子供たちが楽しめる大型遊具がある「野原の丘」、自然豊かな森林が広がる「里の森」、水田があり里山の風景が広がる「小川の里」と、4つのゾーンに別れており、それぞれ特色をいかして整備されています。
 
バス停で降りてすぐの「花の丘」にあるのが、公園管理事務所が入っている無料休憩施設「丘の家」。公園に関するリーフレットがおかれ、電動カート2台、手動の車イス3台、ベビーカー2台の貸し出しなどが行なわれているので、散策前に立ち寄ってみるのがおすすめです。「丘の家」展望ラウンジから見える津軽海峡、函館市街の風景とヒース花壇は圧巻。未就学児対象の室内遊技場「ちびっこ広場」は、天候を気にすることなく遊ぶことができ、授乳室や広いトイレなど、充実した施設となっています(休園日とイベント時を除く毎日9~16時30分)。「丘の家」目の前のヒースガーデンは、車イスやベビーカーでも楽しめるよう緩やかなスロープになっており、ゆっくり散策できます。
 
大型遊具のある「野原の丘」にはバーベキューができる炉や椅子もあり、週末は利用者で賑わっています。材料や網、炭などは貸し出ししていませんので、持ち込んでください。土日祝日のみ炉の予約ができます。「ふわふわドーム」やトンネルスライダーなど、子どもたちが夢中になって遊べる遊具がたくさんあり、4人乗りなどのおもしろいファンシーサイクルもあって、1日楽しく遊べる広場です。「里の森」「小川の里」ゾーンは、人の手を加えることで自然を守り、健康な木々を育てる森や水田になっています。近くには親水施設があり、水遊びをすることもできます。昔懐かしい風景に出会える場所かもしれません。
 
11~3月の冬期間は、屋外遊具やバーベキュ-は利用できません。北駐車場や丘の家などは、冬も開放しています。雪が積もるとイベント広場でソリ遊びが楽しめ、、南駐車場と近くのトイレが使用できます。積雪期は駐車場などの開放時間が変更になるほか、遊具は残雪があると4月でも使用できないことがありますので、施設に問い合わせてみるといいでしょう。4月1日から11月4日までの土日祝日には、JR函館駅前から函館バスが出ています。

※記者H 2014/5/24取材、5/31公開 2019/8 更新


道南四季の杜公園
エリア 美原・桔梗エリア エリア区分について
所在地 函館市亀田中野町199-2  Googleマップで開く
電話番号 0138-34-3888
開園時間 9:00~17:00(野原の丘10:00~16:00)
休園日 12月29日~1月3日
料金 無料。車イス・電動カート・ベビーカーのレンタル無料
アクセス (4月1日~11月4日の土日祝のみ)55B系統(未来大経由)「四季の杜公園」バス停 下車 すぐ
駐車場 無料駐車場あり(700台)
関連リンク 北海道立四季の杜公園
ブログ 公園日記
Facebook 北海道立 道南四季の杜公園
Twitter 北海道立道南四季の杜公園
無料で入れる施設、体験メニュー(要予約)、眺望がいい、自然が豊か、花の名所、お子様歓迎、雨や雪でも楽しめる、無料駐車場、車イス対応トイレ、オムツ替えスペース、Wi-Fi(フリースポット)、Wi‐Fi(Softbank)、Wi‐Fi(docomo)、Wi‐Fi(au)、英語看板

掲載内容は取材時・更新時のものです。最新情報のご確認は各施設までお願いします。


竹葉
ホテルショコラ
フォーポイントバイシェラトン
男爵倶楽部ホテル&リゾーツ
国際ホテル
函館タクシー
函館山ロープウェイ
金森赤レンガ倉庫
近畿日本ツーリスト
函館レンタカーの特集ページ「たびらい北海道」
函館タナベ食品
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
はこだて亭
グルメ回転ずし 函太郎
広告募集中