トップに戻る

スポット情報 体験 「公園」

八郎沼公園

はちろうぬまこうえん


函館市の隣・北斗市にある自然豊かな公園。春は桜やツツジ、初夏から秋にかけてはスイレンの花が咲き、秋になると紅葉で彩られ、四季を通じて自然を楽しめる。

「八郎沼公園」は北斗市の丘陵地にある公園で、函館市街から車で約40分のところにあります。春は桜やツツジ、初夏から秋にかけてはスイレンの花が咲き、秋になると紅葉で彩られ、四季を通じて自然を楽しめる公園として、地域住民から親しまれています。

八郎沼の起こりは、1880(明治13)年ころ、愛媛県出身の士族・山田致人が付近の山で酪農を始めたことにあります。はじめは牛に飲ませるために池を掘って水を貯えたものでしたが、その後、所有が移り、事業家・中村長八郎が、水田の用水源確保と養鯉場として修築を行ないました。これが現在の沼の原形となり、地元の方から「八郎沼」と呼ばれるようになりました。

沼の周りには遊歩道があり、沼を眺めながらぐるりと一周散策することができます。歩いていると時おり心地よい風が吹きぬけ、マイナスイオンたっぷり、癒しの効果が得られているなあと感じます。遊歩道の途中には赤い橋がかかっており、橋の上からはスイレンの花が間近に見られます。また、沼では鮒釣りを楽しむかたや、公園の芝生で遊ぶ子どもの姿もあり、のんびりとした雰囲気です。

公園付近にはパークゴルフ場や観光農園が、また車で約5分のところには、北斗市健康センター「せせらぎ温泉」もあります。函館から足をのばして、一日ゆっくりとすごすのにおすすめです。

関連記事
 北斗市健康センター せせらぎ温泉


※記者TT 2013/8/3取材、8/9公開 2018/6 更新


八郎沼公園
エリア 函館近郊・大沼エリア エリア区分について
所在地 北海道北斗市向野  Googleマップで開く
問合せ先 北斗市役所 都市住宅課
電話番号 0138-73-3111  ※カーナビ検索には使えません
開園時間 8:30~17:00
アクセス JR 「新函館北斗」駅 下車 車で10分
駐車場 無料駐車場あり(200台)
関連リンク 八郎沼公園(北斗市観光協会)
無料で入れる施設、自然が豊か、お子様歓迎、無料駐車場


函館タナベ食品
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
グルメ回転ずし 函太郎
函館山ロープウェイ
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
金森赤レンガ倉庫
フォーポイントバイシェラトン
竹葉
笑
国際ホテル
男爵倶楽部ホテル&リゾーツ
ホテルショコラ
万惣
株式会社前側建設
函館タクシー
函館レンタカーの特集ページ「たびらい北海道」
近畿日本ツーリスト