トップに戻る

スポット情報 体験 「乗り物」

矢越海岸アドベンチャーズ

やごしかいがんアドベンチャーズ


みなみ北海道の知内町から福島町の矢越海岸沿いを巡る約1時間半の小型船クルーズ。陸路で行けない秘境地帯の大自然や透明度の高い海、神秘的な「青の洞窟」を楽しめる。

函館から車で約1時間半、知内町の道道の行き止まりにある小谷石(こたにいし)漁港。陸路の交通手段がなく、漁船や小型船でしか行けない秘境地帯の大自然を味わう「矢越海岸アドベンチャーズ」は、2014年にスタートしました。ここを小型船で出発し、矢越岬、ツヅラ沢、青の洞窟、舟隠しの澗(ま)、タタミ岩などを巡ります。
 
クルーズキャプテンの村田優さんのガイドのもと、小型ながら安定感のあるクルーズ船が出港。しばらく海を走って、まず航海の難所である矢越岬海上で停まります。松前藩が建てたという矢越八幡宮、そそり立つ断崖に圧倒される中、村田さんが吹く龍笛の音色が心を穏やかにしてくれます。荒々しい岩肌が続く中で、ガラッと雰囲気が異なる穏やかな姿を見せる「ツヅラ沢」は、戦後、樺太から引き揚げた人々が暮らす集落があった川原。当時の人たちが植えた松の木が、濃い緑を放ちます。
 
「青の洞窟」は高さ10メートル、奥行き60メートルほどの洞窟。「矢越ブルー」と名づけられた神秘的な海の色は、洞窟の外と中、そして天候や波の状態によっても様々な表情を見せます。洞窟内では、村田さんが渡してくれる小さな石を、願い事を思い浮かべながら海の中へ。澄んだ海の中を落ちていく白い塊の揺らめきには、心を打たれます。ここを訪れたカップルからの入籍報告も、村田さんにいくつも届いているそうです。
 
タイミングがよければ虹が見られる滝がある「舟隠しの澗」、岩に張り付くウニが手に取るようにはっきり見える「タタミ岩」周辺の海を味わった後、小谷石漁港に一気に戻ります。太古の噴火活動や潮風、波が長い年月をかけて作った岩壁のオブジェと、眺めていると心が洗われていくような澄んだ矢越の海は、きっと訪れた人の心を満たしてくれるでしょう。
 
運航は天候・海の状況によりますので、ホームページで出航時間などを調べたうえで、まずは電話で問い合わせを。トイレは漁港手前のイカリカイ駐車公園にあります(車椅子対応トイレ、乳児のオムツ替え台あり)。
 
関連記事

※編集室C 2015/5/18取材、5/25公開 2019/8 更新


矢越海岸アドベンチャーズ
エリア みなみ北海道エリア エリア区分について
所在地 北海道上磯郡知内町字小谷石99-8  Googleマップで開く
問合せ先 矢越クルーズ
電話番号 01392-6-7854  ※カーナビ検索には使えません
営業時間 8:00~18:00
料金 大人4000円、小学生以下2500円、幼児無料。最少催行人数2人
アクセス JR函館駅から車で1時間半 
駐車場 無料駐車場あり(小谷石漁港内10台)
関連リンク 矢越クルーズ
Facebook 矢越海岸アドベンチャーズ
体験メニュー(要予約)、眺望がいい、自然が豊か、無料駐車場、車イス対応トイレ、オムツ替えスペース

掲載内容は取材時・更新時のものです。最新情報のご確認は各施設までお願いします。


男爵倶楽部ホテル&リゾーツ
フォーポイントバイシェラトン
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
はこだて亭
函館タナベ食品
函館山ロープウェイ
ホテルショコラ
竹葉
グルメ回転ずし 函太郎
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
函館タクシー
JTB
金森赤レンガ倉庫
国際ホテル
近畿日本ツーリスト
函館レンタカーの特集ページ「たびらい北海道」
広告募集中