トップに戻る
スポット情報 温泉 「湯の川温泉」

大黒屋旅館

→詳細情報
大正7年創業の、日本建築の伝統を受け継ぐ歴史深い和風旅館。朝6時から深夜0時まで日帰り入浴OKで、タオルのレンタルも可能。お得な食事付きのプランもあり。
所在地 函館市湯川町3丁目25-10
営業時間 日帰り入浴 6:00~24:00
定休日 無休
電話番号 0138-59-2743

笑 函館屋

→詳細情報
湯川町を流れる松倉川のほとりにたたずむ、別荘のような雰囲気の温泉ホテル。泉質のよさが特徴で、大浴場と露天風呂を楽しめる。タオルが用意されているので手ぶらでもOK。
所在地 函館市湯川町3丁目10-3
営業時間 日帰り入浴15:00~22:00
定休日 無休
電話番号 0138-36-2000

湯元啄木亭

→詳細情報
広々としたロビーに、純和風庭園のある人気ホテル。「空中大浴殿 雲海」「空中露天風呂 いさりび」は最上階にあり、抜群の眺望のよさが特徴。
所在地 函館市湯川町1-18-15
営業時間 日帰り入浴13:00~21:00 売店16:00~22:00 アロマエステ(平日)16:00~23:00受付終了、(土日祝日)16:00~23:45受付終了
定休日 無休(宿泊混雑時などは除く)
電話番号 0570-026-573

湯の浜ホテル

→詳細情報
国道278号線沿い、津軽海峡に面したホテル。アクセスのよい場所にあり、多くの観光客が訪れる。男湯女湯ともに、露天風呂から津軽海峡の雄大な景色を眺められる。
所在地 函館市湯川町1-2-30
営業時間 日帰り入浴13:00~20:00
定休日 無休
電話番号 0138-59-2231

KKRはこだて

→詳細情報
湯の川温泉街の中心部にある宿泊施設。季節の花々が咲く日本庭園を眺めらながら、温泉に浸かれる。貸切風呂もあり、家族連れや年配のかたなど幅広く親しまれている。
所在地 函館市湯川町2-8-14
営業時間 11:00~21:00
定休日 無休
電話番号 0138-57-8484

ホテルかもめ館

→詳細情報
日帰り入浴は早朝と深夜も営業。源泉掛け流しの温泉で、湯の花も浮いている。館内には岩盤浴施設も併設されており、地元市民に親しまれている。
所在地 函館市湯川町1-5-18
営業時間 5:30~9:30、13:00~24:00
定休日 無休(連休期間などは除く)
電話番号 0138-59-2020

ホテル万惣

→詳細情報
湯の川温泉街中心部にある老舗ホテルが、2016年9月にリニューアルオープン。露天風呂のほか多彩なお風呂を備える「湯蔵」が日帰り利用できる。
所在地 函館市湯川町1-15-3
営業時間 12:00~21:00
定休日 事前に電話でお問い合わせください
電話番号 0138-57-5061

ホテル雨宮館

→詳細情報
早朝から深夜まで、リーズナブルな料金で温泉入浴を楽しめる。市電沿線にあってアクセスがよく、ホテル周辺には市民会館や函館アリーナなどの施設もある。
所在地 函館市湯川町1-26-18
営業時間 温泉6:00~23:00 マッサージ15:00~20:00(土日は22:00まで)
定休日 無休
電話番号 0138-59-1515

湯元 漁火館

→詳細情報
良泉と料理自慢の湯の川温泉の宿で、一般でも手軽に立ち寄り利用できる100%天然温泉。津軽海峡に面した好立地で、海と函館山を望む岩造りの露天風呂が魅力。
所在地 函館市根崎町375-1
営業時間 12:00~20:30(最終受付)
定休日 無休
電話番号 0138-57-1117

大盛湯

→詳細情報
番台が迎えてくれる昔ながらの温泉銭湯。湯の川電停から徒歩2分。シャンプー、石けん、タオルの「お風呂セット」も用意、手ぶらの旅行者でも気軽に味わえる湯の川の天然温泉。
所在地 函館市湯川町2丁目18番23号
営業時間 8:00~21:30
定休日 第1・3・5水曜日
電話番号 0138-57-6205

掲載内容は取材時・更新時のものです。最新情報のご確認は各施設までお願いします。

1  2 
| 「温泉」トップページ | 市内日帰り温泉 >

男爵倶楽部ホテル&リゾーツ
フォーポイントバイシェラトン
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
はこだて亭
函館タナベ食品
函館山ロープウェイ
ホテルショコラ
竹葉
グルメ回転ずし 函太郎
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
函館タクシー
JTB
金森赤レンガ倉庫
国際ホテル
近畿日本ツーリスト
函館レンタカーの特集ページ「たびらい北海道」
広告募集中