トップに戻る

スポット情報 みやげ店 「パン屋」

おおば製パン

おおばせいパン


函館から車で約1時間、大沼国定公園の駒ケ岳を望む林間にある自然発酵パンの店。北海道産の有機小麦を使って薪窯で焼く香り高いカンパーニュが評判。外にテーブルと椅子あり。

函館から大沼へドライブに出かけるなら、ぜひ足をのばしたい自然発酵パンの店が「おおば製パン」。大沼公園から森町方面に車で15分ほどの雑木林の中にあり、晴れた日には正面に駒ケ岳が望める気持ちのいい場所です。

ドアをあけると、ずらりと並んだ大きなハード系のパン。店内は甘く香ばしい匂い、店主の大場さんが奥の薪窯でパンを焼いている姿も目に入ります。看板商品のカンパーニュ(フル1200円、ハーフ600円、1/4 300円。すべて税込)は、イーストなどを使わずに粉と塩と水だけで生地をつくり、時間をかけてじっくりと自然発酵させてから、薪釜でしっかりと焼き上げたもの。材料も、北海道の有機小麦とライ麦全粒粉、近郊松前町の塩にこだわっています。食べてみると、皮はパリッと香ばしく、中はしっとりもちもちっ。見た目からは想像もつかないやさしい美味しさにびっくりです。「翌日、翌々日と時間がたつと、香味と酸味がだんだんなじんでさらに味わいが深くなりますよ」と大場さん。2~3日すぎたら冷蔵庫に入れて、1週間以内に食べきりましょう。

カンパーニュのほか、同じ生地を使った「レザン(レーズン)」「いちじくとくるみのカンパーニュ」、生地にココアとチョコをたっぷり混ぜ込んだ「ショコラ」など、パンはハード系のみ5種類。そのほか、クッキー、パウンドケーキ、ラスク、タルト、アマンディーヌなどの焼き菓子もあります。じつは大場さん、長い間、函館の人気スイーツショップ「ペイストリースナッフルス」の菓子職人だったそう。自然発酵のパンに魅せられ、念願かなって2016年4月にこの店をオープンさせたのです。

店の外にはテーブルと椅子が並べられ、買ったパンを自然のなかで味わうこともできます。「よかったら、お飲みもの持参でいらしてゆっくりしていってください」。すぐ近くには、日帰り入浴ができる駒ヶ峯温泉ちゃっぷ林館、さまざまなアクティビティのできる北海道立青少年体験活動支援施設ネイパル森(外部サイト)、野菜直売所の政田農園(外部サイト)などもあります。大沼を満喫するドライブはいかがでしょう。

※編集室M 2016/8/15取材、9/1公開 2018/7 更新


おおば製パン
エリア 函館近郊・大沼エリア エリア区分について
所在地 北海道茅部郡森町字赤井川412-132  Googleマップで開く
電話番号 01374-7-1120
営業時間 11:00~17:00
定休日 月曜日
アクセス JR函館駅から車で約1時間 
駐車場 無料駐車場あり(約5台)
Facebook おおば製パン
無料駐車場、地元のみやげが買える


笑
万惣
国際ホテル
ホテルショコラ
竹葉
フォーポイントバイシェラトン
函館山ロープウェイ
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
金森赤レンガ倉庫
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
グルメ回転ずし 函太郎
男爵倶楽部ホテル&リゾーツ
株式会社前側建設
函館タクシー
函館レンタカーの特集ページ「たびらい北海道」
近畿日本ツーリスト
函館タナベ食品
広告募集中