トップに戻る

スポット情報 みやげ店 「雑貨店」

新型コロナウイルスの影響で休業・営業内容変更の場合があります

710candle

ナナイチマルキャンドル


函館エリアにちなんだ創作キャンドルが買える店。地元の花を使ったキャンドルや、函館山をイメージした夜景キャンドルなどが人気。キャンドルの製作体験も可能。

キャンドル作家の和泉詩織さんのキャンドル工房。2017年にオープンした「大三坂ビルヂング」から、2019年5月に市電「谷地頭」電停近くの路面店に移転。色とりどりのキャンドルが飾られた店内には、密蝋の甘くいい香りが漂います。

販売されているキャンドルは300点以上。いろいろな種類がありますが、一番人気はボタニカルキャンドル。函館近郊の森町や七飯町など、みなみ北海道の花(アジサイ、カーネーションなど)をドライにして、蝋にとじこめたもので、キャンドルに花が咲いたような華やかさです。また、函館山の夜景をイメージした夜景キャンドルや、大森浜のシーグラスを使ったキャンドルも、眺めるたびに楽しい旅の思い出が甦りそうです。みなみ北海道出身の和泉さんは、「地元のよさを発信したい」という思いのもと、身近にある材料やテーマにこだわって製作しているそうです。キャンドルの価格は小さなジェルキャンドルが1600円~、ボタニカルキャンドルは2420円~など。

たとえば高さ6センチ程度のボタニカルキャンドルで、燃焼可能時間は、1回2時間程度の使用で15回ほど。使っていくうちに中央がくぼんで、残った周囲の蝋に光が透けて、美しさを増します。蝋が減ったら、アロマ用などのアルミカップのミニキャンドルを入れてランタンとして使ったり、花器として使うことも可能。長く楽しめて、この価格も納得です。また、来店して蝋の継ぎ足しをすると、繰り返し使えるものもあります(継ぎ足しは1回550円)。
 
キャンドルの製作体験も随時受け付けています(予約制。1人からOK)。店内のドライフラワーを使ったボタニカルキャンドルづくりが3600円~。函館の浜辺で拾った貝殻などをキャンドルに閉じ込めることもできます。所用時間は1時間程度です。

※編集室M 2018/8/23取材、9/11公開 2022/2 更新


新型コロナウイルスの影響で休業・営業内容変更の場合があります
710candle
エリア 元町・函館山エリア エリア区分について
所在地 函館市谷地頭町25-16  Googleマップで開く
電話番号 0138-76-1123
営業時間 12:00~16:00(日によって変動あり)
定休日 不定休
アクセス 市電 「谷地頭」電停 下車 徒歩1分
関連リンク 710candle
Facebook 710candle
Instagram 710.candle
市電電停から徒歩5分以内、地元のみやげが買える、クレジットカード(VISA)、クレジットカード(マスター)、クレジットカード(JCB)


グルメ回転ずし 函太郎
Meets Hokkaido 旅するように味わおう。
函館タナベ食品
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
函館タクシー
国際ホテル
竹葉
金森赤レンガ倉庫
函館山ロープウェイ
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
ROCKET CURRY ロケットカレー
広告募集中