トップに戻る

スポット情報 観光スポット 「神社・寺」

姥神大神宮

うばがみだいじんぐう


北海道最古の神社のひとつ。現在の社殿は1837(天保8)年築。ニシン漁の守り神である。毎年8月の渡御祭はその華麗・勇壮さが有名で、大変に賑わう。

江差町に伝わる「折居(おりい)伝説」。江差がまだ寂しい漁村だったころ、折居ばあさんと呼ばれる老婆がニシンの群来(くき)を招き、この地を繁栄させたという伝説です。この折居姥の庵にあった像を「姥神」として祀ったのが、「姥神大神宮」の始まりです。

1644(正保元)年、津花町より現在地に移転。1817(文化14)年には正一位、並びに大神宮号を勅許されました。北海道最古の神社のひとつです。毎年8月9~11日に開催される「江差・姥神大神宮渡御祭」には多くの見物客が訪れ、町は熱気に包まれます。

JR函館駅前バスターミナル1番のりばから函館バス「江差ターミナル行き」に乗り、「フェリー乗場」バス停で降りて、徒歩3分です。
 
関連記事

※hakobura 2010/4/1公開 2019/9 更新


姥神大神宮
エリア みなみ北海道エリア エリア区分について
所在地 北海道檜山郡江差町字姥神町99  Googleマップで開く
電話番号 0139-52-1900
アクセス JR函館駅から車で約1時間30分 
駐車場 無料駐車場あり
関連リンク 姥神大神宮(江差町)
入館できる古建築、無料で入れる施設、深夜・早朝でも入れる施設、眺望がいい、自然が豊か、歴史好きに、無料駐車場

掲載内容は取材時・更新時のものです。最新情報のご確認は各施設までお願いします。


男爵倶楽部ホテル&リゾーツ
フォーポイントバイシェラトン
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
はこだて亭
函館タナベ食品
函館山ロープウェイ
ホテルショコラ
竹葉
グルメ回転ずし 函太郎
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
函館タクシー
JTB
金森赤レンガ倉庫
国際ホテル
近畿日本ツーリスト
函館レンタカーの特集ページ「たびらい北海道」
広告募集中