江差・姥神大神宮渡御祭

近郊江差町を熱くする伝統の祭り

終了


このイベントは終了しました。この内容は過去開催時のものです。

函館から車で約1時間半の江差町が熱気に包まれる、370年以上の歴史がある祭り。豪華絢爛な山車(やま)が夜遅くまで町内を練り歩く様は、迫力満点。北海道遺産認定。

Photo: 江差観光コンベンション協会, hakobura 2023/03/08更新


※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、2022年は公式には山車の巡行を実施せず、山車13台のうち5台がそれぞれの町内会区域を小規模巡行する予定です。   歴史と文化が息づく町、みなみ北海道の江差町で、370年以上続く祭り。北海道最古の祭りといわれ、北海道指定無形民俗文化財にも認定されています。ニシンの豊漁を神に感謝したのが起源だそう。毎年8月9日~11日に開催され、町内は熱気に包まれます。 初日は各町内の13台の山車(やま)が大神宮でお祓いを受ける「魂入れ」。2日目、3日目は本祭で、神輿を担いだ若者が石段を何度も勢いよく駆け上がる「神輿宿入れ(宿入之儀)」や「全山車揃い祭り囃子競演」は、この祭りのハイライトです。詳細はこちら。 期間中は交通規制が行われるので、ご注意を。江差町へは、函館から車で約1時間半(国道227号経由)、函館バスを利用する場合は函館駅前から約2時間です。10日と11日には、通常の路線バスに加えて臨時バスも運行します。

イベントの特徴

  • 歴史
  • パフォーマンス
  • ●入場無料
  • ●予約不要

詳細情報

開催日 2019年8月9日(金)~8月11日(日)※2022年は中止
開催時間 日によって異なる
開催時期の目安 毎年8/9~8/11
料金 観覧無料
問合せ先 江差観光コンベンション協会
TEL 0139-52-4815
関連リンク 江差・姥神大神宮渡御祭(江差町)
開催場所 姥神大神宮
住所 檜山郡江差町字姥神町99
アクセス情報 JR函館駅から車で約1時間30分、または函館バス「フェリー乗り場」バス停下車 徒歩3分
駐車場 無料駐車場あり
臨時駐車場
関連リンク 姥神大神宮

このサイトでは、ユーザーエクスペリエンスを向上させるためにCookieを使用しています。引き続き閲覧される場合は、当サイトでのCookie使用に同意いただいたことになります。 承諾する