トップに戻る

スポット情報 観光スポット 「神社・寺」

北海道東照宮(函館東照宮)

ほっかいどうとうしょうぐう(はこだてとうしょうぐう)


1864(元治元)年、五稜郭が完成すると東北の鬼門に当たる現在の神山3丁目に蝦夷地の鎮護として東照宮を勧請。箱館戦争の兵火で焼失、各地に遷座の後、1992年に現在地へ。

函館東照宮の名で知られる神社で、五稜郭が完成した1864(元治元)年、鬼門(東北)の守護神とするために、日高管内様似町の等澍(とうじゅ)院から東照大権現を移遷したのが始まり。
 
箱館戦争で1869(明治2)年に社殿を焼失しましたが、御神体を辛うじて残し、その後は市内を転々とすることになりました。1992(平成4)年に元の鎮座地に近い現在の場所 に移転することになり、同時に社名を北海道東照宮に改称。境内に置かれている手水鉢(ちょうずばち)は、箱館戦争時の弾痕が残る貴重なものとなっています。

※hakobura 2009/5/14公開 2018/9 更新


北海道東照宮(函館東照宮)
エリア 美原・桔梗エリア エリア区分について
所在地 函館市陣川町82-153  Googleマップで開く
電話番号 0138-32-2221
アクセス 「東照宮参道」バス停 下車 徒歩5分
駐車場 無料駐車場あり
無料で入れる施設、自然が豊か、歴史好きに、無料駐車場

掲載内容は取材時・更新時のものです。最新情報のご確認は各施設までお願いします。


はこだて亭
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
グルメ回転ずし 函太郎
函館タクシー
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
函館タナベ食品
男爵倶楽部ホテル&リゾーツ
ホテルショコラ
竹葉
フォーポイントバイシェラトン
国際ホテル
函館レンタカーの特集ページ「たびらい北海道」
函館山ロープウェイ
金森赤レンガ倉庫
近畿日本ツーリスト
広告募集中