トップに戻る

スポット情報 観光スポット 「史跡・碑(市内)」

新型コロナウイルスの影響で休業・営業内容変更の場合があります

己巳役海軍戦死碑

きしのえきかいぐんせんしひ


弥生坂上の林の中に建つ大きな石碑は1869(明治2)年、箱館戦争で被弾沈没した新政府軍の軍艦「朝陽」の戦死者を祀っている。

函館観光の中心部からややはずれた弥生坂は、函館の数ある坂のなかでも最長。その歩きごたえのある坂を3分の2ほどを上がったところで右に曲がると、木々に囲まれるようにして、大きな石碑が建っています。

碑には、旧幕府軍の軍艦「蟠龍」の砲弾を受けて1869(明治2)年5月11日に沈没した、新政府軍の軍艦「朝陽」の戦死者名が刻まれています。弥生坂の途中にある咬菜園跡と合わせて、箱館戦争の貴重な遺跡といえるでしょう。

碑の石には、江戸時代後期に高田屋嘉兵衛が住吉浜で引き揚げた2畳敷ほどある巨石の一部が用いられているそうです。

※hakobura 2009/4/1公開 2021/7 更新


新型コロナウイルスの影響で休業・営業内容変更の場合があります
己巳役海軍戦死碑
エリア 元町・函館山エリア エリア区分について
所在地 函館市船見町6-8  Googleマップで開く
問合せ先 函館市観光案内所
電話番号 0138-23-5440  ※カーナビ検索には使えません
アクセス 「弥生町」バス停 下車 徒歩10分
駐車場 なし
歴史好きに、英語看板


金森赤レンガ倉庫
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
函館山ロープウェイ
函館タナベ食品
グルメ回転ずし 函太郎
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
国際ホテル
竹葉
函館タクシー
広告募集中