トップに戻る

スポット情報 観光スポット 「神社・寺」

函館八幡宮

はこだてはちまんぐう


1445(文安2)年創建、明治13年から現在地。津軽海峡を望む景勝の地にあり、境内は函館山の樹林に囲まれる。聖帝八棟造りの本殿は、威厳のある外観が特徴。

函館の夏の風物詩「函館八幡宮例祭」で有名な函館八幡宮は、谷地頭電停から坂を上ってすぐのところにあります。室町時代の1445年に、亀田郡の領主・河野政通が初めて函館に館を築いた折、館内に八幡神を祀ったのが起源とされ、1880年(明治13年)に谷地頭へ移りました。
 
1915年(大正4年)に完成した現在の社殿は、本殿、幣殿、拝殿が連続した「聖帝八棟造り」と言われる形式。函館山の緑に抱かれて津軽海峡を見おろすように建ち、威厳のあるたたずまいを見せています。特にゆるやかに曲線を描いて広がる、堂々とした屋根の造りは見事です。
 
開拓、航海、漁業の守り神とされ、市民からは「八幡さん」の愛称で親しまれています。初詣には毎年たくさんの人が訪れます。
 
また、函館八幡宮に参拝する機会があれば、近くに碧血碑がありますので、一度足を運んでみてはいかがでしょうか。正面向かって左手の裏参道(写真右列の中央)を歩いていくと案内標識があり、階段をのぼっていくと、ほどなくして碧血碑へ到着します。草木が生い茂っていますが、途中の道は比較的視界が開けていて、歩くととても気持ちがいいです。この裏参道には桜が植えられており、毎年ゴールデンウィーク前後頃に開花します。

関連記事

※hakobura 2010/5/15公開 2019/9 更新


函館八幡宮
エリア 元町・函館山エリア エリア区分について
所在地 函館市谷地頭町2-5  Googleマップで開く
電話番号 0138-22-3636
アクセス 市電 「谷地頭」電停 下車 徒歩8分
駐車場 無料駐車場あり(50台)
関連リンク 函館八幡宮(北海道神社庁)
Facebook 函館八幡宮
明治・大正の建物、無料で入れる施設、深夜・早朝でも入れる施設、眺望がいい、自然が豊か、歴史好きに、無料駐車場、オムツ替えスペース、Wi-Fi(フリースポット)、Wi‐Fi(Softbank)、Wi‐Fi(docomo)、Wi‐Fi(au)、英語看板

掲載内容は取材時・更新時のものです。最新情報のご確認は各施設までお願いします。


男爵倶楽部ホテル&リゾーツ
フォーポイントバイシェラトン
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
はこだて亭
函館タナベ食品
函館山ロープウェイ
ホテルショコラ
竹葉
グルメ回転ずし 函太郎
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
函館タクシー
JTB
金森赤レンガ倉庫
国際ホテル
近畿日本ツーリスト
函館レンタカーの特集ページ「たびらい北海道」
広告募集中