スポット情報 観光スポット 「史跡・碑(市内)」

北海道第一歩の地碑

ほっかいどうだいいっぽのちひ


明治以降北海道の玄関口となった函館の上陸地が東浜桟橋(旧桟橋)。ここに開道100年を記念して1968(昭和43)年に建立された記念碑。ヒグマと船のいかりがモチーフ。

明治維新の実現により、名実ともに北海道の門戸となった函館。北海道開拓のためにやってきた先人たちの偉業を称えるとともに、開道100年を迎えた 1968(昭和43)年、日本中央競馬会(JRA)によって寄贈されたのが、この記念碑です。ここはかつて、多くの来道者が上陸した東浜桟橋(通称:旧桟橋)のたもとにあたります。
 
碑を設計したのは、当時早稲田大学教授だった函館出身の明石信道氏。願乗寺(現在の西本願寺函館別院)の僧侶・堀川乗経の孫として知られ、JR函館駅前の棒二森屋などの設計も手がけました。碑のデザインは、北海道を思い起こさせるヒグマと船のいかりをモチーフにしたそう。シロクマといっても、正確には「白いヒグマ」というわけです。
 
開拓の時代は、道なき道を歩き、ヒグマと遭遇しながら険しい山々を切り開いていったことでしょう。
 
関連記事

※hakobura 2010/9/17公開 2017/8 更新


北海道第一歩の地碑
エリア ベイエリア
所在地 函館市末広町21(旧桟橋横)
問合せ先 函館市元町観光案内所
電話番号 0138-27-3333  ※カーナビ検索には使えません
アクセス 市電 「末広町」電停 下車 徒歩3分
GoogleMapで大きなマップを開く
眺望がいい、歴史好きに、市電から徒歩5分以内、英語看板


このページのトップへこのページのトップへ

金森赤レンガ倉庫
函館山ロープウェイ
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
函館タナベ食品
グルメ回転ずし 函太郎
竹葉
フォーポイントバイシェラトン
万惣
男爵倶楽部ホテル&リゾーツ
近畿日本ツーリスト
株式会社前側建設
函館レンタカーの特集ページ「たびらい北海道」
広告募集中