トップに戻る

スポット情報 観光スポット 「神社・寺」

新型コロナウイルスの影響で休業・営業内容変更の場合があります

本願寺函館別院(西本願寺)

ほんがんじはこだてべついん(にしほんがんじ)


浄土真宗本願寺派の別院。現在の本堂は、明治時代後期に建てられたものの造りを模している。函館市街地形成の礎を築いた堀川乗経と願乗寺川にゆかりがある。

「本願寺函館別院」は、函館駅と函館山の中間あたりにある浄土真宗本願寺派の別院。「西別院」とも呼ばれます。浄土真宗は鎌倉時代の中頃に親鸞聖人によって開かれた仏教諸宗で、境内には親鸞聖人の像があります。

浄土真宗本願寺派の北海道開教は、松前藩の宗教政策により、寺院の建立や布教活動が長く禁止されてました。1857(安政4)年、江戸幕府より本願寺派北海道開教の公許を得ると、陸奥國(現在の青森県)願乗寺住職の次男・堀川乗経(じょうきょう)が、本願寺第20代宗主広如上人の命を受け、願乗寺休泊所を創設。その後、1877(明治10)年に明治政府の許可を得て、本願寺派北海道内最初の別院となる「本願寺函館別院」と公称することになりました。

その後、函館別院は火難の歴史をたどります。1907(明治40)年には書院、庫裏などのすべてが灰塵に帰し、同年、不燃質のレンガ建築による本堂が再建されましたが、1934(昭和9)年の大火によって一切の建物を焼失し、長く仮本堂の時代が続いたこともありました。現在の本堂は、前本堂の老朽化を受けて、明治時代後期に建てられたものの造りを模して2013(平成25)年に竣工されました。

また、堀川乗経は函館の発展に尽力した開拓功労者としても知られます。江戸末期の願乗寺休泊所創設時、函館が深刻な水不足に直面していたことから、五稜郭の工事で有名であった松川弁之助に相談し、現在の亀田川から中の橋を経て高砂通りに全長約4キロ、幅8メートルの人口の水路を掘削。7300余両を費やした工事をわずか7カ月で終え、現在の函館市街地形成の礎を築きました。当時の人々はこの川を「願乗寺川」と呼び、1889(明治22)年、函館市に上水道が完工してこの川が埋め立てられるまで、広く市民に親しまれました。

境内には、当時の箱館奉行所支配調役・鈴木重尚(茶渓)が願乗寺川掘削の偉業をたたえた、願乗寺川を実証する唯一の金石文である石碑「函港新渠碑(かんこうしんきょひ)」があります。


※記者TT 古写真/函館市中央図書館所蔵 2014/4/2取材、4/10公開 2021/5 更新


新型コロナウイルスの影響で休業・営業内容変更の場合があります
本願寺函館別院(西本願寺)
エリア 函館駅前・大門エリア エリア区分について
所在地 函館市東川町12-12  Googleマップで開く
電話番号 0138-23-0647
アクセス 市電 「魚市場通」電停 下車 徒歩5分
駐車場 無料駐車場あり
関連リンク 本願寺函館別院
無料で入れる施設、歴史好きに、市電から徒歩5分以内、無料駐車場、車イス対応トイレ、オムツ替えスペース


Meets Hokkaido 旅するように味わおう。
グルメ回転ずし 函太郎
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
函館タナベ食品
国際ホテル
竹葉
函館タクシー
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
金森赤レンガ倉庫
函館山ロープウェイ
広告募集中