トップに戻る

スポット情報 観光スポット 「坂」

新型コロナウイルスの影響で休業・営業時間変更の場合があります

船見坂

ふなみざか


「船見町」誕生時に現在の名前になった。港を行き来する船がよく見えることが由来である。坂の途中には、その特徴的な姿から映画ロケで使用されることが多い大正湯がある。

今でこそ中学校に突き当たる坂ですが、元々はさらに1本上の通りに建つ称名寺に通じていたため、称名寺の坂と呼ばれていました。さらにそれ以前は、坂下にあった店蔵から「麹(こうじ)屋の坂」、また、急勾配だったために「地獄坂」と呼ばれたこともありました。
 
1873(明治6)年に「船見町」の町名が誕生したのを機に、坂名は「船見坂」となり、1879(明治12)年の大火後に行われた区画整理では、元々は上半分だけだった坂が、下から上まで真っすぐになりました。現在の長さになったのは、中学校のできた戦後のことです。
 
電車通りからしばらくは、平坦な道が続きます。大黒通からなだらかな傾斜を進むこと約140メートル、すでに坂全体の半分ちょっとを過ぎたところです。左手に見えるのが、外壁にピンク色を取り入れたレトロな洋風建築の大正湯。その向かいには、明治時代建造の蔵を改装した、落ち着いた雰囲気でおしゃれなランチを楽しめる蕎麦蔵が。数ある坂のうちでも、有数の素朴さです。
 
坂上へはあっという間に到着しました。港内を行き交う船は建物の間から瞬間的にしか見えないため、町名通りとはいきませんが、函館どつくでの造船作業に使われているクレー ンの姿は、港町ならではの光景です。

※hakobura 2010/9/4公開 2019/9 更新


新型コロナウイルスの影響で休業・営業時間変更の場合があります
船見坂
エリア 元町・函館山エリア エリア区分について
所在地 函館船見町  Googleマップで開く
問合せ先 函館市観光案内所
電話番号 0138-23-5440  ※カーナビ検索には使えません
アクセス 市電 「函館どつく前」電停 下車 徒歩5分
駐車場 なし
眺望がいい、歴史好きに、市電から徒歩5分以内、英語看板


カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
近畿日本ツーリスト
金森赤レンガ倉庫
函館山ロープウェイ
函館タクシー
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
国際ホテル
竹葉
グルメ回転ずし 函太郎
函館タナベ食品
広告募集中