スポット情報 観光スポット 「坂」

二十間坂

にじゅっけんざか


その名の通り、道幅が二十間(約36メートル)ある。何度も函館を襲った大火に備えて整備されたもの。冬期にはライトアップされ、明治館前まで続くイルミネーションを楽しめる。


長さの単位である1間(けん)が1.81mで、その道幅が20間(約36メートル)に相当するのが語源。1879(明治12)年の大火後、防火帯として整備されました。当初は、木が多く茂っていたことから「緑坂」、または付近に大工や工人が多く住んでいたために「大工町坂」と称されていたこともありました。1900(明治33)年には、道幅の広さからか、函館山要塞に備える大砲を搬送するのに利用されたそうです。現在では、黒っぽい石が規則的に敷き詰められ、その美しさがロマン漂う町並み形成の一端を担っています。
 
坂をバス通りまで上ると、左手には郷土が誇る老舗レストランの五島軒。また、突き当たる右手前には、1915(大正4)年に建立された国内最古の鉄筋コンクリート造り寺院で、瓦の大屋根が特徴の東本願寺がそびえます。
 
この道は、函館山を背にどんどん進むと「開港通り」と呼ばれ、地元住民や観光客の胃袋を満たしてくれる函館朝市へと通じています。冬期間は沿道の木々に電飾が施され、ショッピングモールとして人気のはこだて明治館(旧函館郵便局)まで続く壮大なイルミネーションは、ロマンチックな感動を与えてくれるはずです。

※hakobura 2010/9/1公開 2017/8 更新


二十間坂
エリア ベイエリア
所在地 函館市末広町
問合せ先 函館市元町観光案内所
電話番号 0138-27-3333  ※カーナビ検索には使えません
アクセス 市電 「十字街」電停 下車 徒歩5分
GoogleMapで大きなマップを開く
眺望がいい、歴史好きに、市電から徒歩5分以内、英語看板


このページのトップへこのページのトップへ

フォーポイントバイシェラトン
男爵倶楽部ホテル&リゾーツ
竹葉
万惣
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
函館タナベ食品
近畿日本ツーリスト
函館レンタカーの特集ページ「たびらい北海道」
金森赤レンガ倉庫
株式会社前側建設
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
グルメ回転ずし 函太郎
函館山ロープウェイ
広告募集中