スポット情報 観光スポット 「景色(市内)」

函館山展望台

はこだてやまてんぼうだい


函館市と近郊を一望できる展望台。両側を海に囲まれた独特の地形が演出する眺望、特に凛とした空気にきらめく夜景が満喫できる。風が強く、冬以外でも寒さ対策は万全に。

日本に関する旅行ガイド「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」に三つ星として収録されている「函館山からの眺望」を満喫するならここ! 函館市街地と周辺の海や山が一望できる展望台です。
 
建物は4層構造で、1階にロープウェイの山頂駅・待合ロビー、2階にレストランやイベントホール、3階にティーラウンジなどがあり、最上階が屋上展望台となっています。地上からはロープウェイで3分という便利さも嬉しいところ。そのほか、JR函館駅前始発の登山バスも運行されています。車両用登山道の通行が可能なのは4月下旬~11月中旬。その間、自家用車とレンタカーは夜景タイムの通行規制があります(詳細は「函館山へのアクセス、早わかりガイド」参照)。
 
函館山は、今から約100万年前の海底火山の噴出物が土台となり、その後の噴火で隆起や沈下を繰り返して、大きな島として出現しました。海流や風雨で削られて孤島になり、流出した土砂が堆積して砂州となり、約5000年前に北海道と陸続きに(陸繋島)。尖っていた山頂は明治時代の要塞工事で削られて、現在の姿になりました。
 
終戦後、要塞地帯だった函館山が約50年ぶりに一般開放されるようになり、1953(昭和28)年に山頂に展望台が開設され、1958(昭和33)年には山麓と山頂を結ぶロープウェイが開業。1988(昭和63)年には125人乗りの新ゴンドラ導入、そして北海道新幹線開業を控えた2015(平成27)年秋には展望台がリニューアルされて、さらに快適に眺望を楽しめるようになりました。
 
関連記事

※hakobura 2010/10/1公開 2017/9 更新


函館山展望台
エリア 元町・函館山エリア
所在地 函館市函館山
問合せ先 函館山ロープウェイ
電話番号 0138-23-6288
開館時間 屋内展望台10:00~22:00(10/16~4/24は21:00まで)
休館日 無休
料金 無料
アクセス 函館山ロープウェイ利用のほか、複数のアクセス法あり。 詳細は「函館山へのアクセス、早わかりガイド」参照
駐車場 有(函館山ロープウェイ駐車場120台)
備考 車利用の場合は、山頂駐車場(39台)から徒歩すぐ、つつじ山駐車場(44台)から徒歩7分。交通規制については「函館山へのアクセス、早わかりガイド」を参照
関連リンク 函館山ロープウェイ
GoogleMapで大きなマップを開く
無料で入れる施設、深夜・早朝でも入れる施設、眺望がいい、自然が豊か、雨や雪でも楽しめる、無料駐車場、車イス対応トイレ、オムツ替えスペース、Wi-Fi(フリースポット)、Wi‐Fi(Softbank)、Wi‐Fi(docomo)、Wi‐Fi(au)、Wi‐Fi(その他)、英語看板、中国語看板、韓国語看板、クレジットカード(VISA)、クレジットカード(マスター)、クレジットカード(JCB)、クレジットカード(銀聯)


このページのトップへこのページのトップへ

金森赤レンガ倉庫
函館山ロープウェイ
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
函館タナベ食品
グルメ回転ずし 函太郎
竹葉
フォーポイントバイシェラトン
万惣
男爵倶楽部ホテル&リゾーツ
近畿日本ツーリスト
株式会社前側建設
函館レンタカーの特集ページ「たびらい北海道」
広告募集中