トップに戻る

スポット情報 観光スポット 「景色(市外)」

駒ケ岳

こまがたけ


特徴的なトンガリを持つ火山。この形になったのは3~5万年前の大噴火の影響なのだとか。1998年以降入山禁止となっていたが、2010年に入山規制が一部緩和された。

函館近郊の七飯町、鹿部町、森町にまたがる、標高1131メートルの活火山。大沼国定公園のシンボルであり、富士山型のなだらかな裾野と、噴火によって吹き飛ばされた「剣ヶ峰」と呼ばれる山頂部分が特徴です。眺める場所によって、その山容はまったく印象を変えるので、周辺のドライブも人気。函館の市街地からも、その美しい姿を望むことができるため、函館市民にとっても親しみのある山といえます。1915(大正4)年には、駒ケ岳を望む大沼の風景が日本新三景に選定されました。

2000(平成12)年に小噴火があり、現在も火口からは噴気が上がっており、剣ヶ峰への入山規制が続いています。2010年から一部の規制が解除され、6~10月には初心者でも比較的歩きやすい登山コースが利用可能になっています。⇒北海道駒ヶ岳に登山(入山)される方へ(森町防災交通課)

※駒ケ岳は2018年5月31日現在、噴火警戒レベル対象火山(レベルⅠ、活火山であることに留意)となっています

バナー.jpg
 
関連記事

※編集室M 2010/9/1公開 2019/9 更新


駒ケ岳
エリア 函館近郊・大沼エリア エリア区分について
所在地 北海道亀田郡七飯町西大沼  Googleマップで開く
問合せ先 七飯町役場 経済部商工観光課
電話番号 0138-65-2517  ※カーナビ検索には使えません
アクセス JR 「大沼公園」駅 下車 駅から車で15分
駐車場 無料駐車場あり(50台)
関連リンク 森町役場HP火山情報
関連リンク 気象庁HP 各火山の活動状況
眺望がいい、自然が豊か、無料駐車場

掲載内容は取材時・更新時のものです。最新情報のご確認は各施設までお願いします。


男爵倶楽部ホテル&リゾーツ
フォーポイントバイシェラトン
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
はこだて亭
函館タナベ食品
函館山ロープウェイ
ホテルショコラ
竹葉
グルメ回転ずし 函太郎
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
函館タクシー
JTB
金森赤レンガ倉庫
国際ホテル
近畿日本ツーリスト
函館レンタカーの特集ページ「たびらい北海道」
広告募集中