トップに戻る

スポット情報 観光スポット 「歴史的建造物(外観は見学可)」

旧開拓使函館支庁書籍庫

きゅうかいたくしはこだてしちょうしょせきこ


元町公園内の旧支庁舎に隣接する赤レンガの書庫。1880(明治13)年築。明治40年大火でも類焼を免れた。使用されているレンガは函館近郊の茂辺地製。北海道指定有形文化財。

旧函館区公会堂の目の前にある元町公園。その正面から入ると左奥に重厚なレンガ造りの建物が見えます。建造されたのは1880(明治13)年とされ、1907(明治40)年に発生した大火の類焼を免れ、庫内にあった行政資料も丈夫なレンガ壁によって守られました。現在は、木の扉と、その内側にある鉄の扉の2重構造で固く閉ざされています。開かずの扉は年に2度、防火点検時にその封印が解かれます。
 
外壁のレンガは、1つ1つ微妙に色が異なります。大半のレンガは1874(明治7)年-1876(明治9)年の製造年と、「函館製造」の文字が刻印されています。このレンガは、1872(明治5)年、茂辺地村(現在の北斗市茂辺地)に建てられた開拓使直営の「茂辺地煉瓦石製造所」で焼き上げたもので、当時作られたレンガは市内各所の建造物にも用いられています。この煉瓦の積み方は、1列に長い辺と短い辺を交互に並べるフランス式です(一部増築分は、1列に長い辺ばかり、次の列に短い辺ばかり、交互に並べるイギリス式)。
 
外観をよく見ると、壁面のレンガ以外にも、至る所に特徴ある意匠や技法が見受けられます。建物の四隅には補強のために組まれた「隅石」、桟瓦葺きの屋根、耐火のために作られたとされる鉄製の扉や柵のついた窓など。2階壁面の所々にはL字型をしたフックのようなものがあるのに気付くはず。この金具には板を載せたり、コモを下げることで、防水・防寒の効果が期待できるのだそうです。先人たちの知恵と工夫には脱帽させられます。
 
関連記事

※hakobura 2010/9/17公開 2019/9 更新


旧開拓使函館支庁書籍庫
エリア 元町・函館山エリア エリア区分について
所在地 函館市元町12(元町公園内)  Googleマップで開く
問合せ先 函館市元町観光案内所
電話番号 0138-27-3333  ※カーナビ検索には使えません
開館時間 外観のみ見学可
アクセス 市電 「末広町」電停 下車 徒歩7分
駐車場 周辺に有料駐車場あり(函館市観光駐車場 最初の1時間200円、以降30分ごと100円)
明治・大正の建物、指定文化財等、歴史好きに

掲載内容は取材時・更新時のものです。最新情報のご確認は各施設までお願いします。


函館山ロープウェイ
金森赤レンガ倉庫
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
函館タナベ食品
ホテルショコラ
フォーポイントバイシェラトン
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
JTB
グルメ回転ずし 函太郎
竹葉
国際ホテル
はこだて亭
近畿日本ツーリスト
函館レンタカーの特集ページ「たびらい北海道」
函館タクシー
男爵倶楽部ホテル&リゾーツ
広告募集中