トップに戻る

スポット情報 観光スポット 「神社・寺」

船魂神社

ふなだまじんじゃ


函館山のふもと・元町、日和坂上にある。北海道最古の神社といわれ、源義経にまつわる伝説もある。海に関連する神が祀られていて、船舶関係者などが参拝に訪れる。

船魂神社は、市電末広町電停から日和(ひより)坂を上がりきったところ、函館山のふもと・元町にある神社です。

社記によると、1135(保延元)年、良忍という高僧が観音堂を建てたのが始まりであり、北海道最古の神社ともいわれています。明治の大火で社殿が焼失した後、1932(昭和7)年に現在地に本殿が築かれました。現在の建物は、1962(昭和37)年に改築されたものです。2018(平成30)年には、屋根の銅板葺き替えなど、大規模な改修工事が行われました。

祭神は、潮流の神「塩土老翁神(しおつちのおじのかみ)」、海をつかさどる神「大綿津見神(おおわたつみのかみ)」、八方除、厄除、病気平癒の神「須佐之男神(すさのおのかみ)」。漁業や船舶の関係者や、受験生、就職活動中の学生などが参拝に訪れます。社務所では、船の舵の絵が織り込まれたお守り「舵守(700円)」があり、海上航路、道路交通、そして進路を守護する御祭神のご利益があるといわれます。

また、こちらの神社は「義経伝説」でも知られています。鎌倉時代始めの1190年、源義経一行が津軽から渡航したとき、遭難しそうになったところを船魂明神の加護で無事上陸したという言い伝えがあり、わき水を探していたところに童子の神が現れ、指を差した方向を見るとコンコンと水が湧き出ていたとのこと。神社の境内には、童子が現れた岩「童子岩」があります。

神社近くには元町公園や旧函館区公会堂などの観光名所や、古建築を利用した甘味茶房 花かんろ茶房 菊泉などもありますので、お参りしてから元町散策を楽しんではいかがでしょうか。


※記者TT 2014/4/7取材、4/10公開 2018/7 更新


船魂神社
エリア 元町・函館山エリア エリア区分について
所在地 函館市元町7-2  Googleマップで開く
電話番号 0138-23-2306
アクセス 市電 「末広町」電停 下車 徒歩7分
駐車場 周辺に有料駐車場あり
無料で入れる施設、深夜・早朝でも入れる施設、自然が豊か、歴史好きに、英語看板

掲載内容は取材時・更新時のものです。最新情報のご確認は各施設までお願いします。


国際ホテル
ホテルショコラ
竹葉
フォーポイントバイシェラトン
函館山ロープウェイ
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
金森赤レンガ倉庫
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
グルメ回転ずし 函太郎
男爵倶楽部ホテル&リゾーツ
函館タクシー
函館レンタカーの特集ページ「たびらい北海道」
近畿日本ツーリスト
函館タナベ食品
はこだて亭