トップに戻る

スポット情報 観光スポット 「景色(市外)」

新型コロナウイルスの影響で休業・営業内容変更の場合があります

函館七飯ゴンドラ

はこだてななえゴンドラ


駒ケ岳や大沼の大パノラマが魅力のゴンドラ。往復30分の空中散歩と山頂の絶景が楽しめる。PEAK CAFEでのティータイムも。大沼公園駅、新函館北斗駅からシャトルバスあり。

函館市内から車で1時間ほどの七飯町「函館七飯ゴンドラ」は、四季それぞれの多彩な自然を体験できるアトラクション。ゴンドラ山麓駅から約15~25分かけて3319mを上りながら、窓からは駒ケ岳や大沼国定公園が見渡せ、北海道らしい白樺の山林の中を進んでいきます。運がよければ鹿などの動物の姿が見られることも!

山頂には4つの展望デッキがあり、それぞれおすすめの景色が写真つきでわかりやすく紹介されています。天気のいい日には、噴火湾の先にある室蘭まで見える大パノラマが広がります。春先から初夏にかけては低い雲が発生することがあり、雲海の中、駒ケ岳だけがぽっかり顔を出す貴重な風景が見られる日もあるそうです。紅葉時期の色とりどりの木々の絨毯も、見ごたえありそうですね。展望デッキのほかにも、遊歩道や少し急な斜面の山頂散策路などが整備されており、春から秋にかけては一周30分ほどの自然とふれあう時間が持てます。先が見えない小道や野鳥の声、動物の足跡の発見など、子供たちも喜びそうです。

散策のあとは、絶景を一望できる山頂カフェ「PEAK CAFE」でひと息つくのもおすすめ(9:30~15:45。4月・11月休業)。メニューは季節によって異なりますが、ランチプレートやコース、ピザやパスタなどの軽食、コーヒーや紅茶、ビールやワインなどがあります。

ゴンドラまでのアクセスは、北海道新幹線の新函館北斗駅やJR大沼公園駅からの無料シャトルバスがあり、便利です。大沼公園駅からの便は10時から15時まで、1時間に1本あるので、JR移動でも訪れやすくなっています。なお、山麓と山頂では天気が違うこともあるので、先に天候を確認してからお出かけしたほうが楽しめるでしょう。

ゴンドラは、2019年4月26日~11月4日の通常営業が9~16時、7月下旬~8月下旬にはサンセットゴンドラ(要予約、16時~18時30分)、同期間の土日はナイトゴンドラ(要予約、18時30分~21時)も運行。また、冬季(例年12月中旬~4月上旬)もスノーパークとして営業しており、ゴンドラに乗って山頂のPEAK CAFEで雪景色を楽しむのもおすすめです。

関連記事
 函館七飯スノーパーク
 PEAK CAFE


※記者H 2016/7/15取材、8/4公開 2019/10 更新


新型コロナウイルスの影響で休業・営業内容変更の場合があります
函館七飯ゴンドラ
エリア 函館近郊・大沼エリア エリア区分について
所在地 北海道七飯町東大沼666  Googleマップで開く
電話番号 0138-67-3355
営業時間 4月下旬~10月下旬9:00~16:00(7月下旬~8月下旬は延長あり)、冬季はスノーパークのゴンドラとして営業
定休日 期間中はなし
料金 ゴンドラ往復料金 大人1800円、子供1000円、幼児無料(団体割引あり)
アクセス 函館駅から約1時間 
駐車場 無料駐車場あり(2000台)
関連リンク 函館七飯ゴンドラ
関連リンク 函館七飯スノーパーク
眺望がいい、自然が豊か、無料駐車場、オムツ替えスペース、無料Wi-Fi、Wi‐Fi(docomo)、クレジットカード(VISA)、クレジットカード(マスター)、クレジットカード(JCB)、クレジットカード(銀聯)


竹葉
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
国際ホテル
金森赤レンガ倉庫
函館山ロープウェイ
函館タクシー
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
グルメ回転ずし 函太郎
函館タナベ食品
広告募集中