トップに戻る

スポット情報 観光スポット 「歴史的建造物(一般入場可)」

五島軒本店メモリアルホール蘆火野

ごとうけんほんてんメモリアルホールあしびの


老舗レストラン「五島軒」本店内にある資料館。函館や五島軒を舞台に描かれた小説「蘆火野」の作者・船山馨氏の生原稿や、創業時から使用していた洋食器、調度品などを展示。本店旧館は国登録有形文化財。

1879(明治12)年創業の老舗西洋料理店「五島軒」。伝統と格式ある本店の1階に、「メモリアルホール蘆火野(あしびの)」があります。こちらは、北海道出身の小説家・船山馨氏が函館や五島軒を舞台に、幕末から明治への激動の時代を描いた著書「蘆火野」にちなんで名づけられました。

ホールの入口には、北海道上陸第一号機のレジスターが置かれており、歴史の重みが感じられます。中に入ると、船山馨氏の生原稿や佐藤忠良氏の挿絵などのほか、創業時から使用していた洋食器、調度品、絵画など、大火による2度の焼失を乗り越えてきた五島軒の歴史を知ることができる写真などが展示されており、函館を代表するレストランとして長く営業してきた証がうかがえます。
 
ホールの外に出ると、1991(平成3)年、東京の帝国劇場で舞台化された「蘆火野」の告知ポスターをはじめ、近隣にある「函館ハリストス正教会」と五島軒の縁に関する資料や写真、函館出身の風景画家・田辺三重松氏の絵画「外人墓地前景 函館港々外」、大正時代の函館の様子を漫画で表した鳥瞰図などもあり、時間を忘れて思わずじっくりと見入ってしまいます。
 
メモリアルホール内には、自社製品を販売するショップ「スイーツ&デリカショップ Ashibino」を併設。レストランで人気を誇るカレーの缶詰やレトルトを種類豊富に揃えているほか、伝統的な箱菓子やアップルパイ、生菓子などが販売されています。

関連記事
 五島軒本店 レストラン雪河亭

※記者TT 2017/2/14取材、4/29公開 2018/8 更新


五島軒本店メモリアルホール蘆火野
エリア ベイエリア エリア区分について
所在地 函館市末広町4-5  Googleマップで開く
問合せ先 五島軒本店
電話番号 0138-23-1106
開館時間 10:00~19:30(閉館時間は日によって異なる)
休館日 1~2月の毎週月曜日、年末年始
アクセス 市電 「十字街」電停 下車 徒歩5分
駐車場 無料駐車場あり
関連リンク 五島軒
Facebook 函館 レストラン 五島軒
入館できる古建築、指定文化財等、無料で入れる施設、歴史好きに、雨や雪でも楽しめる、市電から徒歩5分以内、無料駐車場


函館タクシー
近畿日本ツーリスト
函館レンタカーの特集ページ「たびらい北海道」
株式会社前側建設
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
函館山ロープウェイ
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
函館タナベ食品
グルメ回転ずし 函太郎
金森赤レンガ倉庫
フォーポイントバイシェラトン
万惣
竹葉
ホテルショコラ
男爵倶楽部ホテル&リゾーツ
国際ホテル
笑