トップに戻る

スポット情報 観光スポット 「銅像・記念物」

新型コロナウイルスの影響で休業・営業内容変更の場合があります

青函連絡船ゆかりの錨

せいかんれんらくせんゆかりのいかり


青函連絡船ゆかりの錨が、青函連絡船記念館摩周丸が保存係留されている旧函館桟橋周辺に設置されている(一部、一時撤去中)。洞爺丸事故後に実際に使用されていたもの。

JR函館駅のすぐ近く、かつて青函連絡船が発着していた旧函館桟橋。現在は保存船となった函館市青函連絡船記念館摩周丸が係留されていて、付近は広場になっていますが、周辺に青函連絡船とゆかりのある錨が4種類、保存展示されています。

摩周丸のすぐ横にあるのが、貴重な「改造型」と呼ばれる錨。青函連絡船の錨には、当初は一般の船舶でも使われているJIS型と呼ばれるものが使われていましたが、1954(昭和29)年の台風で洞爺丸遭難という大惨事に見舞われ、国鉄は錨の改造に着手しました。1963(昭和37)年ごろにJIS型錨を改造して、把駐力を高める試験を実施。その際に使われた「改造型」と呼ばれる錨が、1992(平成4)年、旧函館桟橋に函館シーポートプラザ(当時)がオープンした際に移され、今も展示されています。特に説明等はありませんが、現存しているものはこれ1つだけという珍品中の珍品です。

残る3つはいずれも国鉄型と呼ばれるもの。改造型の試験結果や、海外で使われているバルドー型などを参考にして、海底に突き刺さる爪の長さを延ばし、先端の広がりを大きくするなどの改良を行った結果、把駐力が従来のJIS型よりも約40パーセント向上しました。

現在保存されている国鉄型の錨のうち、函館駅から摩周丸へ向かう海沿いの遊歩道にあるのが津軽丸(2代目)のもの(*)。函館駅開業80周年記念の折に、D51型蒸気機関車の動輪とともに「先駆」という碑銘がつけられ、長年駅に展示されていましたが、2003(平成15)年の函館駅建て替えに伴って移転しました。ちなみにこれは、津軽丸(2代目)が1982(昭和57)年に海外(北朝鮮)へ売却されて、JIS型に錨をつけ替えた際に函館に置いていったものです。

2つ目は大雪丸(2代目)の錨で、津軽丸の錨から10メートルほど摩周丸寄りにあります(*)。こちらも売却された際に、予備の錨を函館に置いていったもの。函館シーポートプラザの開業時に現在の場所に設置されました。

残るは摩周丸(2代目)の錨。こちらはほかと異なり、摩周丸の船上で今もアンカーチェーンを巻き上げた状態となっているため、錨が船体に格納された状態を見ることができます。

*2020年冬現在、若松ふ頭の整備に伴って一時撤去の上で保管されています

※記者X 2017/5/17取材、5/24公開 2020/12 更新


新型コロナウイルスの影響で休業・営業内容変更の場合があります
青函連絡船ゆかりの錨
エリア 函館駅前・大門エリア エリア区分について
所在地 函館市若松町12番地先  Googleマップで開く
問合せ先 函館市港湾空港部管理課
電話番号 0138-21-3486  ※カーナビ検索には使えません
アクセス 市電 「函館駅前」電停 下車 徒歩5分
駐車場 周辺に有料駐車場あり
関連リンク 函館市青函連絡船記念館摩周丸
歴史好きに、市電から徒歩5分以内


カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
函館タナベ食品
グルメ回転ずし 函太郎
国際ホテル
函館タクシー
函館山ロープウェイ
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
金森赤レンガ倉庫
竹葉
広告募集中