トップに戻る

スポット情報 観光スポット 「銅像・記念物」

ゴシケヴィッチ胸像

ゴシケヴィッチきょうぞう


ゴシケヴィッチは、初代駐日ロシア領事で東洋学者としても名高い。胸像は1989年にお披露目、2019年3月に函館市地域交流まちづくりセンターに移設され、常設展示中。

ヨシフ・アントノヴィッチ・ゴシケヴィッチは、初代駐日ロシア領事。1858(安政5)年に函館(当時は箱館)に着任し、仮領事館の置かれた実行寺で箱館奉行らと交流。ともに着任した海軍士官、医師、司祭らが写真術や西洋医学、天文学、気象学といった先進的な西洋文明や、ロシア語を日本人に教え、函館とロシアの交流の基礎を築きました。

胸像は、ロシアの彫刻家オレグ・コモフの作品。プレートには「ソ連対外友好・文化交流団体連合会より函館市民に贈られたものです。1989.5.16 ゴシケビッチ顕彰会」と記されており、1989(平成元)年の北方歴史資料館での除幕式にはソ連大使が参加したとのこと。2014(平成26)年のゴシケヴィッチ生誕200年記念式典に合わせて、函館市地域交流まちづくりセンターへ一時展示後、旧ロシア領事館に保管されていました。その後、函館市へ寄贈され、2019年3月から函館市地域交流まちづくりセンター1階に常設展示されています。

ゴシケヴィッチは1814年、ロシア帝国ミンスク県レチツァ郡(現ベラルーシ共和国)でロシア正教会の司祭の子として誕生。1839年にサンクトペテルブルク神学アカデミーを卒業し、1848年までロシア正教北京伝道団の一員として北京に駐在して、中国語、満州語、朝鮮語、モンゴル語を習得しました。1850年にロシア外務省アジア局特任職員となり、1852年にはプチャーチン率いる訪日外交使節団の中国語(漢文)通訳・顧問官として来日。日本人の橘耕斎から日本語を学びます。ロシアへの帰還途中の1855年、クリミア戦争でロシアと敵対していたイギリスの軍艦に拿捕され、9カ月間抑留。その際、橘とともに初の本格的な和露辞典「和魯通言比考」を作成し、ロシア帝国アカデミーからデミードフ賞を受賞しました。

1858年からは函館を拠点に駐日領事として活躍し、また「ポサドニック号事件(対馬占領事件)」では、強硬派のロシア海軍と対立しながらも事件を収拾に導きました。1861年に総領事へ昇格。翌年にはロシア人として初めて将軍家茂に拝謁。1865年に領事館を後任に託して帰国後、外務省勤務を経て現ベラルーシ共和国へ戻り、「日本語の語源について」を執筆。1875年に同地で死去しました。


※記者X 2019/4/21取材、6/10公開 


ゴシケヴィッチ胸像
エリア ベイエリア エリア区分について
所在地 函館市末広町4−19  Googleマップで開く
問合せ先 函館市地域交流まちづくりセンター
電話番号 0138-22-9700
開館時間 9:00~21:00
休館日 年末年始(12/31~1/3)※器材点検等による
料金 見学無料
アクセス 市電 「十字街」電停 下車 徒歩2分
駐車場 あり(30台。2時間まで無料、以降30分ごとに100円)
関連リンク 函館市地域交流まちづくりセンター
無料で入れる施設、歴史好きに、雨や雪でも楽しめる、市電から徒歩5分以内、無料駐車場、車イス対応トイレ、オムツ替えスペース、Wi-Fi(フリースポット)、Wi‐Fi(Softbank)、Wi‐Fi(docomo)、Wi‐Fi(au)、Wi‐Fi(その他)

掲載内容は取材時・更新時のものです。最新情報のご確認は各施設までお願いします。


JTB
函館タナベ食品
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
グルメ回転ずし 函太郎
はこだて亭
国際ホテル
函館レンタカーの特集ページ「たびらい北海道」
近畿日本ツーリスト
竹葉
男爵倶楽部ホテル&リゾーツ
フォーポイントバイシェラトン
ホテルショコラ
函館山ロープウェイ
金森赤レンガ倉庫
函館タクシー
広告募集中