トップに戻る

スポット情報 観光スポット 「景色(市内)」

函館漁港 船入澗防波堤

はこだてぎょこう ふないりまぼうはてい


函館港の改良の歴史を伝える、1896(明治29)年築造の石積み防波堤。弁天台場の解体石材を転用して、明治期の最新技術を取り入れた設計が施されている。土木学会選奨土木遺産。

市電「函館どつく前」電停から徒歩5分ほどの函館漁港(入舟漁港)にあるのが、船入澗防波堤です。1896(明治29)年から始まった港湾改良工事の折に造られたもので、石材は、工事に先立って解体・埋め立てられた弁天台場の間知石や亀腹石を転用したものです。

この防波堤の設計を手掛けたのは、近代土木の父として著名な、札幌農学校(現在の北海道大学)の広井勇博士。弁天台場を解体する折に、「此建築は今日のものに比して毫(ごう)も劣る所なし」と嘆じたほど、その堅牢さは特筆すべきものでした。防波堤の設計には弁天台場の技術も生かされているほか、当時の最新技術であったコンクリートブロックも併用されています。

完成から100年以上使われつづけ、石組みがずれるなどの老朽化が進んでいましたが、2004(平成16)年度の土木学会選奨土木遺産に選定されたことをきっかけに、2013(平成25)年に石積みや欠損個所の修復工事が行われ、現在でも現役の防波堤として活躍しています。傍らにある函館港改良工事記念碑も、弁天台場の石材を流用したものです。

なお、現役の港湾施設であるので、足元には段差や突起物、ロープやワイヤーなどがあるほか、最近の堤防よりも幅が狭いため、充分な注意が必要です。

古写真:函館市中央図書館所蔵

※記者X 2019/7/15取材、7/31公開 


函館漁港 船入澗防波堤
エリア 元町・函館山エリア エリア区分について
所在地 函館市入舟町4-4  Googleマップで開く
問合せ先 函館市元町観光案内所
電話番号 0138-27-3333  ※カーナビ検索には使えません
アクセス 市電 「函館どつく前」電停 下車 徒歩5分
関連リンク 函館漁港(国土交通省北海道開発局 函館開発建設部)
関連リンク 函館港改良施設群(土木学会選奨土木遺産)
眺望がいい、歴史好きに、市電から徒歩5分以内

掲載内容は取材時・更新時のものです。最新情報のご確認は各施設までお願いします。


JTB
函館タナベ食品
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
グルメ回転ずし 函太郎
はこだて亭
国際ホテル
函館レンタカーの特集ページ「たびらい北海道」
近畿日本ツーリスト
竹葉
男爵倶楽部ホテル&リゾーツ
フォーポイントバイシェラトン
ホテルショコラ
函館山ロープウェイ
金森赤レンガ倉庫
函館タクシー
広告募集中