トップに戻る

スポット情報 観光スポット 「銅像・記念物」

新型コロナウイルスの影響で休業・営業内容変更の場合があります

足形付土版(足形・手形付土製品)

あしがたつきどばん(あしがた・てがたつきどせいひん)


縄文時代早期末から前期初頭に、子どもの足形や手形を写し取った粘土板。函館近辺や石狩地方で出土。函館市の豊原4遺跡の「足形・手形付土製品」は国の重要文化財。

幼児や子どもの足形や手形を写し取った足形付土版は、縄文時代早期末から前期初頭にかけて作られたとみられる特異な遺物。この足形や手形は亡くなった子どものもので、住居内に吊るして死者をしのび、親が亡くなると一緒に埋葬されたと考えられています。
 
作られた地域は、渡島半島南東部(函館エリア)や石狩低地帯(千歳・苫小牧エリア)とごく限られており、縄文中期から後期にかけての類似の土版は、出土状況や形態などから用途が異なると考えられています。なぜ、子どもをしのぶ風習が限られた時期・地域だけに現れたのかは今もって謎です。
 
函館市内では、世界文化遺産(候補)の構成資産である垣ノ島遺跡や、豊原4遺跡で発掘されており、函館市縄文文化交流センターで展示されています。豊原4遺跡の「足形・手形付土製品」5点は、縄文時代早期の土坑墓から出土した副葬品と考えられており、2016(平成28)年に国の重要文化財に指定されています。

※記者X 2021/6/17公開 


新型コロナウイルスの影響で休業・営業内容変更の場合があります
足形付土版(足形・手形付土製品)
エリア 戸井、恵山、南茅部、椴法華エリア エリア区分について
所在地 函館市臼尻町551-1  Googleマップで開く
問合せ先 函館市縄文文化交流センター
電話番号 0138-25-2030
開館時間 9:00~17:00(4~10月)、9:00~16:30(11~3月)
休館日 月曜日(祝日の場合は翌日)、毎月最終金曜日、12月29日~1月3日
料金 入館料:一般300円、学生・生徒・児童150円(団体割引あり)
アクセス 「垣ノ島遺跡下」バス停 下車 徒歩8分
駐車場 無料駐車場あり(40台)
備考 車の場合は、JR函館駅から約60分
関連リンク 函館市縄文文化交流センター
指定文化財等、歴史好きに、雨や雪でも楽しめる、無料駐車場、車イス対応トイレ、オムツ替えスペース、無料Wi-Fi、英語看板


金森赤レンガ倉庫
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
函館山ロープウェイ
函館タナベ食品
グルメ回転ずし 函太郎
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
国際ホテル
竹葉
函館タクシー
広告募集中