スポット情報 観光スポット 「歴史的建造物(一般入場可)」

旧函館区公会堂

→詳細情報
1910(明治43)年築、工事費の大半が豪商相馬哲平の寄付による。基坂の真上にあたり、2階のバルコニーからの眺めは絶景。国指定重要文化財。
所在地 函館市元町11-13
開館時間 9:00~19:00(4~10月)、9:00~17:00(11~3月)、9:00~15:00(1/1~1/3)
休館日 12月31日、館内整理休館日あり
電話番号 0138-22-1001

函館市旧イギリス領事館(開港記念館)

→詳細情報
1913(大正2)年築、1934年まで領事館として使用。1992年改装して開港記念館として一般開放。2009年、全面リニューアル。内部にはティールーム、英国雑貨店併設。
所在地 函館市元町33-14
開館時間 9:00~19:00(4月~10月)、9:00~17:00(11月~3月)
休館日 無休
電話番号 0138-27-8159

金森赤レンガ倉庫(金森洋物館)

→詳細情報
ベイエリアに建つ函館の代表的な観光スポット。1909(明治42)年建築、1988年から全面リニューアルし、ショッピングモール、ビアホール、イベントホールなどとして営業。
所在地 函館市末広町14-12
開館時間 9:30~19:00
休館日 無休
電話番号 0138-27-5530

旧函館郵便局(はこだて明治館)

→詳細情報
1911(明治44)年に函館郵便局として建てられた赤レンガの重厚な建造物。昭和58年から商業施設として民営化、現在はショッピングモールとして活用されている。
所在地 函館市豊川町11-17
開館時間 10:00~18:00
休館日 無休
電話番号 0138-27-7070

旧北海道庁函館支庁庁舎(函館市元町観光案内所)

→詳細情報
元町公園内に建つこの洋風建築物は1909(明治42)年に建築され、1982(昭和57)年に修復整備された。前面の柱廊玄関のエンタシス風の柱が特徴。北海道有形文化財に指定。
所在地 函館市元町12-18
開館時間 9:00~19:00(4~10月)、9:00~17:00(11~3月)
休館日 無休
電話番号 0138-27-3333

旧金森洋物店(市立函館博物館郷土資料館)

→詳細情報
1880(明治13)年に建てられた「旧金森洋物店」を改修し、資料館として公開。和洋折衷の防火煉瓦造りで、明治時代の函館を今に伝えている。北海道指定有形文化財。
所在地 函館市末広町19-15
開館時間 9:00~16:30(4~10月)、9:00~16:00(11~3月)
休館日 月曜日、最終金曜日、祝日、年末年始、展示替え時
電話番号 0138-23-3095

太刀川家住宅店舗

→詳細情報
明治34(1901)年、米穀商初代太刀川善吉により建築された土蔵造り2階建店舗。煉瓦造り漆喰塗りの不燃建築。現在はカフェを営業。国指定重要文化財。
所在地 函館市弁天町15-15
電話番号 0138-22-0340

旧岡本邸(函館パターテ)

→詳細情報
優雅さと計算された緻密な意匠を持つ、昭和初期建築物の傑作のひとつ。工芸品の展示販売を行うギャラリーを経て、現在はカフェが営業。映画「PとJK」のロケ地になった。
所在地 函館市元町32-5
電話番号 0138-27-3333 ※カーナビ検索には使えません

旧相馬邸

→詳細情報
1908(明治41)年、基坂上に豪商相馬哲平の私邸として建築。延床面積680平方メートルの豪邸は、函館を代表する民間建築で伝統的建造物指定。2010年から一般公開。
所在地 函館市元町33-2
開館時間 9:30~17:00(4~10月)
休館日 毎週木曜日(11~3月は冬季休館)
電話番号 0138-26-1560

箱館奉行所

→詳細情報
江戸時代末期に現在の元町公園から五稜郭に移転、箱館戦争を経て解体される。2010(平成22)年に部分復元が終了、内部が一般公開されている歴史的復元建造物。
所在地 函館市五稜郭町44番地
開館時間 9:00~18:00(4~10月)、9:00~17:00(11~3月)※最終入館はいずれも閉館時間の15分前
休館日 12月31日、臨時休館日(2018年は1月15日、2月19日)
電話番号 0138-51-2864


このページのトップへこのページのトップへ

金森赤レンガ倉庫
函館山ロープウェイ
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
函館タナベ食品
グルメ回転ずし 函太郎
竹葉
フォーポイントバイシェラトン
万惣
男爵倶楽部ホテル&リゾーツ
近畿日本ツーリスト
株式会社前側建設
函館レンタカーの特集ページ「たびらい北海道」
広告募集中