トップに戻る
あなたのテーマでディープな函館 「教会・修道院」

トラピスチヌ修道院の観覧ガイド

110426M01.jpg

「天使の聖母トラピスチヌ修道院(通称・天使園)」は、1898年(明治31年)、フランスから派遣された8人の修道女によって創立された、日本最初の女子観想修道院です。上湯の川の高台に位置し、その美しいレンガ造りの建物と、敷地内の凛とした空気感は、訪れる人の心を惹きつけて止みません。

このたび、施設の概要を記した資料を修道院から入手し、「はこぶら」で皆様にお伝えできる運びとなりました。トラピスチヌ修道院はいわゆる観光施設ではなく、祈りの場。ひとつひとつの施設のもつ意味を知って、心静かに訪ねてみてはいかがでしょう。


【トラピスチヌ修道院 敷地内の見取り図
地図上の数字は、各施設・立像などの位置を表します。

110426Dmap.jpg


大天使聖ミカエル像

180117M01.JPG

門を入って最初に出迎えるのが、フランスから送られた大天使聖ミカエルの像です。日本に初めてキリスト教を伝えた聖フランシスコ・ザビエルは、1549年(天文18年)に鹿児島に上陸。薩摩藩主である島津公に宣教の許可を得たのがちょうど9月29日、聖ミカエルの祝日にあたっていたので、ザビエルは聖ミカエルを日本の保護者 と定めて、その助けを求めつつ宣教を始めたのです。


慈しみの聖母マリア

180117M02.JPG

レンガ造りの聖堂を正面に見ながら歩を進めると、純白の聖母マリアの彫像が優しく待ち受けます。フランスにあるラ・トラップ修道院のマリー・ベルナルド神父の作品で、両腕をゆったりと広げ、すべての人を優しく迎え入れる姿から、「慈しみの聖母マリア」と呼ばれ、親しまれています。


天使園(資料館・売店)

180117M03.jpg

聖母マリアの右手の建物は、資料館と売店です。資料館には、修道院の歴史や修道女の日常生活について伝える資料を展示。売店では、修道女の祈りと労働の実りを分かち合うために設置され、手作りのお菓子や手工芸品などが販売されています。


旅人の聖堂

180117M04.jpg

売店の反対側にある12角形の小さな建物は、旅人の聖堂と呼ばれるもの。巡礼の方が静かにお祈りしたり、瞑想のひとときを過ごせるようにとの願いをこめて、2000年の大聖年を記念して建てられました。聖堂内には祭壇も備えられ、小さなグループでミサを捧げることもできます。


ルルド

180117M05.jpg

南フランスにあるルルドの洞窟を模して作られ、「ルルドの聖母」として広く知られています。これと同じものが、修道院の奥深くにある林の中にもあります。
1858年に聖母マリアが、18回にわたってルルドの近くにあるマッサビエルの岩窟で、14歳の田舎娘ベルナデッタ・スビルーに現れ、ベルナデッタが聖母マリアのお告げに従って掘り当てた泉が、さまざまな病気の治癒をもたらしたという言い伝えに基づくもの。聖母マリアを見上げてひざまずいているのが、少女ベルナデッタです。
泉の水によって心身の病を癒されるという奇跡から信心が広まり、多くの教会や修道院にはこのようなルルドが造られています。


司祭館聖堂

180117M0607.JPG

正面左手の建物は、1913年(大正2年)に建てられた司祭館です。修道女の信仰生活を指導するために、男子のトラピスト修道院や、司教の任命によって、司祭方が派遣されています。

司祭館の右側の丸みを帯びた壁のところが、この修道院の中心であり、修道女の生活にとっても中心的な場所である聖堂。この聖堂で、毎日ミサと7回の共同体の祈りが捧げられています。屋根の上にある小さな塔は鐘楼で、ミサや共同体の祈りの始めに、また仕事の終わりの時刻などに、大小2つの鐘が鳴らされます。


聖テレジアの像

180117M08.JPG

「幼いイエスの聖テレジア」として、日本人にもよく知られている聖テレジアの像。フランスから1936年に送られたものです。カルメル会修道女として徳を磨き、「私が天に昇りましたら、地上にバラの雨を降らせましょう」という最後の言葉から、胸に抱いた十字架にはバラの花が飾られています。


ジャンヌ・ダルクの像

180117M09.JPG

聖堂の壁に見えている旗と剣を持った女性の像は、フランスから贈られた聖女ジャンヌ・ダルクです。15世紀の百年戦争でフランス軍と共に戦い、不正な宗教裁判によって処刑されましたが、死後に無実が判明して名誉が回復され、聖女とされました。神と人々のために命を捧げたジャンヌ・ダルクは、修道女のシンボルとしても敬われています。


入会者の門

180117M10.jpg

司祭館の手前、右手のレンガの塀に、小さな門があります。これは「入会者の門」と呼ばれるもので、修道院に入会して、神と人々への奉仕に一生を捧げたいと望む人が、入会を認められてから、最初にくぐる門です。この奥に、修道院の正面玄関があります。


関連記事
 トラピスチヌ修道院の修道生活ガイド
 トラピスチヌ修道院
 トラピスチヌ修道院のクリスマス・ご降誕のミサ
 フランスケーキ マダレナ

なお、トラピスチヌ修道院から提供されたガイドブック(e-book形式)は、こちらからご覧いただけます。


※編集室M 2011/4/26作成、5/13公開 2018/1/23更新