トップに戻る
あなたのテーマでディープな函館 「ロケ地」

そこのみにて光輝く、函館ロケ地ガイド

main.jpg2014年春に全国ロードショーとなった映画「そこのみにて光輝く」。函館出身の作家・佐藤泰志の原作で、函館の一瞬の夏を舞台にした愛の物語です。第88回キネマ旬報ベスト・テンで、作品賞、監督賞、主演男優賞、脚本賞の4部門を受賞、2015年2月より全国順次特集上映が行われています。

撮影は2013年6~7月に函館近辺で行われました。スクリーンでは主演の綾野剛さん、池脇千鶴さん、菅田将暉さんらが、函館の風景の中でみずみずしく輝いています。

海や山や坂、人が行き交う繁華街、店、神社、アパート、海辺の小屋、市電、花火......函館らしい空気感に満ちたこの映画。いわゆる観光スポットとはひと味違う、さりげない函館の魅力に出合えるロケ地をご案内します。

sub7_R.JPG
◆本町交差点付近の繁華街

居酒屋やスナックが建ち並ぶ繁華街を、主人公・達夫(綾野剛)が彷徨うシーンがたびたび登場。呉美保(オミポ)監督は、「夜の街を達夫が酔っぱらって歩くシーンは、綾野さんが立つことで、わびしい感じが華やかに生き返った」と語ります。

写真は、本町エリア(市電五稜郭公園前電停付近)、スターパレス(函館市本町1)前の通り。光と影の交錯する夜の街は、ハッとするような美しさを見せています。

このほか、大門(市電松風町電停~函館駅の一帯)や、十字街(市電十字街電停付近)といった、かつてにぎわっていた繁華街も、独特の色彩を添えています。


sub8_R.JPG
◆函館山を望む2つの海

函館は三方を海に囲まれた街。劇中でも、海辺の風景が繰り返し、印象的に現れます。

写真は、千夏(池脇千鶴)一家の住む古い小さな小屋の建つ海岸。訪ねてくる達夫と千夏のさまざまなシーンが、ここを舞台に展開します。撮影が行われたのは、対岸に函館山を望むお隣・北斗市の海と砂浜(北斗市東浜2-36付近)。

また、函館市内の啄木小公園(函館市日乃出町25)付近の大森浜も登場。海岸線の先に函館山が望める場所として、市民にも人気がある場所です。

sub10_R.JPG 110612M01.jpg 130830M05.JPG
(左)達夫と千夏が一緒に泳いだのも、北斗市の海 (中)石川啄木の座像がある啄木小公園
(右)ほかに、外国人墓地近くの穴澗(あなま)海岸も、千夏が海を眺める美しいシーンの背景に


sub9_R.JPG
◆夏祭りの会場になった神社

街の夏祭りが行われるという設定で撮影が行われたのは、函館山付近屈指の長い坂である幸坂の突き当たりにある山上大神宮。千夏の弟・拓児(菅田将暉)のピュアすぎるほどまっすぐな思いが印象的なシーンになります。

電車通りから長く急な坂を上がること10分以上、鳥居の間から函館港が見おろせる「まるで映画のセットのような」ロケーションは、スクリーンでも楽しめます。

撮影当日は、2日間でのべ300人近い市民がエキストラとして参加。祭りのにぎやかさを担っています。


sub2_R.JPG
◆3人で乾杯する食堂

映画のなかでは、食事のシーンが何度か出てきます。なかでも印象的なのは、3人が初めて前向きな気持ちになって、乾杯をする食堂のシーンです。

綾野剛さんがいちばん好きなのは、このご飯を食べている場面だそう。「3人がみんな笑っている貴重なシーンだから」。

撮影は、函館駅近くの大門エリアにある津軽屋食堂にて。戦後まもなく開業した懐かしい雰囲気の食堂で、おふくろの味が食べられると、いつもにぎわっている店です。


◆完成披露上映会にて

140320N01.jpg2014年4月12日の函館先行ロードショー、4月19日の全国ロードショーにさきがけて、3月20日に、函館で完成披露上映会が開かれ、呉監督と綾野剛さんが再び函館を訪れました。

記者会見と舞台挨拶での綾野剛さんの言葉
「この映画の出演を決めたのは、(主人公の)達夫という人を生きてみたいと思ったから。また、函館という街に魅力を感じていたから」
「自分はこの映画に心身共に捧げた。この作品を愛していた。まっすぐな『函館男児』を演じたつもり」
「函館でいいなと思った場所は自由市場。しょっちゅうふらりと行って、地元の人みたいに海鮮丼を食べていた」
「函館の人は、外から来るものに対して開かれている。自然に受け入れてくれる。人と街が密接に共存している『なまっぽい街』」
呉監督の言葉
「この映画では、『愛』を描きたいと思っていた」
「(観光スポットなど)有名な坂を撮ったわけでもない。でも、皆さんには(街を)再発見してもらえるかな」

140320m01.JPG 140320m02.JPG 140320N04.jpg
プロデューサーの菅原和博さん(シネマアイリス代表)、綾野さん、呉さんの登場を、客席の皆さんが万雷の拍手で迎えた


関連記事

※まとめ/編集室M 記者会見・舞台挨拶取材/編集室N、編集室M 2014/3/19取材、3/20公開 2015/2/26更新
劇中画像提供/2014年佐藤泰志「そこのみにて光輝く」製作委員会